リフォームシアター

今回ご紹介するのはプロジェクター買い替えと同時にリフォームを行った一例です。

古くからのお客様で、リビングでシアターを実践していました。

スクリーンを床から手動立ち上げ式、プロジェクターをダイニングテーブルに置いて視聴するといういわゆるおかたずけシアターシアターです。

設置がどうしても面倒になり、見る回数が徐々に減っていってしまいます。

2階でも4Kの55インチで5.1chを楽しまれていますが、1階でも4Kシアターを楽しみたいと導入が決定しました。

ビフォアーの写真が無いので文字で説明しますと


左の壁面にエアコンが付いていましたが、120インチのスクリーンを取り付けるのに邪魔になってしまいます。
既設のエアコンを取り外して垂れ壁を造作し、スクリーンが見えないようにカモフラージュしています。


プロジェクターを取り付ける場所を天井面をふかしてあります。


以前はBOSEの小型のスピーカーが天井取付金具で取付していましたが、埋込のスピーカーを取付し、7.1chで鳴らします。


天井面が奥まっているので、天井取付金具の存在をカモフラージュ、エアコンは天井埋込型にリプレース。


レンズぎりぎりに計算して天井に取り付けてあります。

施工直後の状態です。

リビングダイニングには欠かせないダイニングテーブルですが、プロジェクター視聴の最適な場所に干渉しそうという課題が発生しました。

今回導入の機材

プロジェクター SONY VPL-VW245

スクリーン GRANDVIEW  GEA-120HDW

AVアンプ SONY STR-DN1080

4K ブルーレイプレーヤー SONY UBP-X800

ブルーレイレコーダー SONY BDZ-EW

天井埋込スピーカー KEF Ci-130ER

サブウーファー canbridge audio X201

シンプルながらネット動画や地デジも楽しめます。


後日、お客様宅へ伺った時にはダイニングテーブルは隣室へ移動されていて、ソファーが導入されていました。

スクリーンを降ろしていないときは快適なリビング空間


スクリーンを降ろしカーテンで遮光をするとリビングシアターに早変わり!


プロジェクターは1500ルーメンの明るさがありますのである程度の明るい環境でもご覧いただけます。


照明を落とすと画面に集中できて、ウィークエンドシアターを満喫できます。

奥様の『すっきりさせたい』とご主人の『大画面シアター』が住宅リフォーム業者のご協力で完成できました。

子育ても一段落終わったようです。有意義な時間をご夫婦で楽しんでくださいね。

 

VW745暁天です! VPL-VW1100ESからVPL-VW745へリプレース

当方お客様のK氏から納品後にメールでいただいたお客様からの感想です。

『暁天』はPIONEERの4K UHDプレーヤーのティザーサイトに掲げてある言葉ですが

意味を調べると

明けがたの空。また、明けがた。

 「―の星」(非常に数が少ないことのたとえ)

VPL-VW1100ESを所有していたK氏がこう言い表しています。

リプレースの様子を写真に収めましたので紹介させていただきます。

元々2階の二間続きの和室をリフォーム工事しスクリーンにてホームシアターを

楽しむためにプロジェクターを天井吊りしていたのですが、後面排気が故に設置に

干渉する壁が邪魔になりVPL-VW1100ESを導入の時に押し入れ上のスペースを

くり抜いて、プロジェクター置き場を作成されました。

反対側は階段です。

VPL-VW1100ESを取り外したところです。

今回はプロジェクターの入れ替えだけでなく4K HDR 18Gbpsに対応した

HDMIケーブル(audio quest FOREST HDMI/10m)の隠蔽工事も依頼がありました。

VPL-VW1100ESよりも横幅があるのでケーブルクリアランスを心配されていましたが無事クリアしました。

収めてみるとVPL-VW1100ESよりもJUST FITして見た目もいい感じです。

VPL-VW745の奥行きがいかに短いかがわかると思います。

スクリーンを下ろし、いざ投射の時に『うわっ明るいですね!』歓喜の声を

上げられていました。

映像チェック用に持っていった『宮古島~癒しのビーチ』をしばし鑑賞、その後

お手持ちのディスクを鑑賞させていただきました。

納品後、翌日いただいたメールの冒頭が『VW745暁天です!』

購入に至るまでに何度か店頭に足を運んでいただき手持ちのソフトをご覧いただいて

いたのですが、レンズの性能の差や型式の数の差(1100と745)を危惧されていたのです。

実際に店頭で見るのと自分の家で見るのでは感じ方の差もおありになったのでしょう。

以下はいただいたメールの内容です。

VW-745、暁天です。
HDR、SDR共にコントラスト、色調、明るさ、暗さ,すべてが段違いです。
今まで見えないものがこんなに沢山見えたのは初めてで、感心しきりです。
特に色濃度と黒の再現性は素晴らしいものがあり、スターウォーズのオープニングの暗い宇宙に無数の星の瞬き、感動ものです。
危惧していたレンズ性能の差も全く問題なく、ミッションインポッシブルも最高でした。
追伸、本日撮影したVW-745に隙間埋めカバーを取り付けた写真を添付します。では、また遊びに行きます。

階段からのわずかな光をも遮断しようとお手製の隙間埋めカバーを取り付けた

写真を送っていただきました。後面排気の熱も部屋に入り込まないという

メリットもあります。

写真ではわからないかもしれませんが、2枚のショットもいただきました。

文面からうれしさと驚きの混じった感情がわかります。

この感情の表しが『暁天』なのでしょう。K氏にとって、いや映像を愛する人々にとって『めったにない一つ』なのです。

4K UHDソフトのコレクションも増えていくんだと思います。

それにしてもGW前の納品に間に合って良かったです。受注から納品まで約一か月かかりました。

又お店に遊びに来てくださいね!

ig

 

ホームシアターの企画提案

条件が悪い時にこそインストーラーの腕が問われます。

吐き出しの窓に吹き抜けの天井。ここにスクリーンとスピーカーをきれいに設置するというのは至難の業です。一般的に無理ですと言われるケースが殆どだと思います。でも私はやりますよ。かっこよく、そして機器の性能も落とさないようにして。


ということで無事にインストールできました。アンプの電源を入れるとKEFのスピーカーがせり上がり、プロジェクターの電源に連動してスクリーンが UP DOWN します。スクリーンもリバースなので壁のふかしは最小限にしてあります。お客様も大満足でした。

こちらの施工例はKEFのH.P.でも紹介されています。

 

ホームシアター施工例 2件

本当に久しぶりですが、シアターの施工例をまとめてご紹介します。

初めにご紹介させていただくのは基本中の基本スタイルの物件です。ソファ、スクリーン、プロジェクター、フローティング家具のバランスが理想的で、一つ一つの納め方も絶妙にキレイです。プロジェクターの織り上げ、スクリーンボックスの織り上げもよく見ていただきたいです。KEFのH.P.でも紹介されました。

 

次にご紹介させていただくのは、なんとシアターを実現するために中古住宅を購入してしまったという方の物件です。一階の壁をすべて取り払い一間にして30畳近いリビングシアターを手に入れています。(部屋が広すぎて全体の写真が撮れません すいません)。家具は4m近いサイズに65インチのテレビと120インチのスクリーンを組み込み50万円というバーゲンプライスで製作しました。

こちらもKEFのH.P.で紹介されました。

Og.

 

あとからトップスピーカー導入記(天井埋込) その3

2月下旬にYAMAHAのセールスよりやっとの事で入荷日の連絡がありました。

せっかくならと、以前より気になっていたサブウーファーのパフォーマンス向上の為に

NS-SW1000もご注文いただきました。

今まで使用していたアンプと入れ替えます。バイアンプ駆動していたメインとセンターを

シングルに変更してトップスピーカーと合わせて11.2chの完成です。

一通り配線とセットアップを終えた後に、ドルビーアトモス収録のソフト『ゼロ・グラビティ』を

再生しました。トップスピーカーから出てくる音の表現にお客様もご満悦のようです。

大変長らくお待たせしましたが、これでひと段落つきました。思う存分楽しんで下さいね。  ig

 

あとからトップスピーカー導入記(天井埋込) その2

見積もりが通り工事を進める事になったのですが、肝心のCX-A5100が届きません。

工事内容も大変多いので2回に分ける事をお願いして、先に埋め込みのスピーカーを取付ける事になりました。

トップスピーカーはKEFのCi200RR-THXです。



位置決めをしていきます。今回取り付けるのはフロントトップとリアトップ、合計4個です。

マーキングをして開口をします。通常はダウンライトカッターで開口しますが、KEFのCi200RR-THXは直径が24cmと大きいのでノコギリで一個ずつギコギコ開けていきます。

『ギコギコギコギコギコギコ』 『ギコギコギコギコギコギコ』 『ギコギコギコギコギコギコ』・・・

4個全て開けるのに結構時間かかります。しばらく右手がプルプルです。

4個穴が開いたところで、次はケーブルの通線です。予定通りに壁面に隠蔽します。


無事、通線が終わりました。

第一工事終了です。白い壁に違和感無く取付ける事が出来ました。

朝10時ぐらいから初めて昼食を挟んで、ここまでで夕方になっていました。

2回に分けて工事して正解でした。次回はCX-A5100の入荷待ちです。

ここまでは2月中旬の出来事   ig

 

あとからトップスピーカー導入記(天井埋込)

お客様よりYAMAHAのCX-A5100を導入を機にトップスピーカーの埋込工事を依頼されました。

YAMAHAのイベントより前から計画をされていましたが、イベント終了直後に心が決まったようで、本当に実現できるのだろうかと下見をさせていただく事になりました。

お客様宅は既に7.2chの構成でフロントとサラウンドにPIONEER S-3EX、サラウンドバックにS-4EX,センターにS-8EX,サブウーファーがYAMAHA YST-SW1000とEATHQUAKE SUPERNOVA15MK4の組み合わせでした。

下見に伺ったときの状態です。

後方のラックにはSONYのVPL-VW1000ESとJVCのDLA-X9が鎮座します。

目的に応じて使い分けているのだとか。

PIONEER SC-LX90の内蔵アンプをフルに活用してフロントとセンターはバイアンプで駆動していました。

一軒家であり2Fに専用の場所でホームシアターを楽しまれていました。

2Fの天井裏にはすぐアクセス出来ましたので、潜り込んで様子を確認。

埋め込みスピーカーを設置する天井裏の高さは十分あり、配置も問題なさそうです。

ポスターが貼ってある壁面にスピーカーケーブルを隠蔽配線したいところです。

下見が終わったところで、いったん引き上げて見積もりです。ここまでは1月中旬頃のお話です。

ig

 

新築 Dolby Atmos シアター!

Dolby Atmosの新築物件工事が無事終わりました。

お客様との打ち合わせで、何度かお話しするにつれボンヤリしていたホームシアターの形がはっきりしてきました。

『大画面でドルビーアトモスやってみたい!』のリクエストでインストールしました。

2Fの角部屋で専用ルームです。工務店の方とも打ち合わせして、映画にのめり込めるようなお部屋に仕上がりました。

施工前のスクリーン側 フロントトップスピーカーの穴とスクリーンBOX

こちらがプロジェクター側です。

リアトップとサラウンドの穴が開いています。打ち合わせの時に大工さんに開けてもらいました。

今回チョイスしたAVアンプはYAMAHA RX-A3040です。

内蔵パワーアンプが9chあってプリアウトするとドルビーアトモスの最大チャンネル11.2chが実現します。

今回は内蔵の9chを使い、5.1.4のパターンです。

既に手持ちで液晶テレビとプレステ3とブルーレイレコーダーをお持ちだというので、お部屋の図面から出来上がりのイラストを作成しました。

実際の出来上がりがこんな感じです。

最終打ち合わせの時に後ろのクローゼットへのアクセスがどうにも気になっていたので、ラックを2段3列から2段2列に変更しました。

スクリーンが上がっていれば、ほとんど邪魔にならずに行き来出来ます。

ラック内です。

元々アイテムも少ないのでちょうど収まりました。

天井面は暗いグレイでしたのでBOSEのDS16FBを選択しました。

照明を落とすと本当に真っ暗なのでスピーカーの存在を感じさせません。

プロジェクターはSONYのVPL-HW55ESです。

照明を落とすと・・・

最後にドルビーアトモスのデモディスクを再生、チェックしようと思った所、いくら設定を見返してもドルビーアトモスの表示も、アトモススピーカーのレイアウトのGUIも出てこない。

ちょっとあせったのですが、この機種はアップデートによりドルビーアトモス対応となるのです。

発売からだいぶ経つので出荷の時にアトモス対応にアップデートされていると高をくくっていました。

工事の前日にもう床についていたのですが、何となく虫の知らせを感じたので、夜な夜な家族の寝静まっている中、パソコン立ち上げてUSBメモリーにアップデートファイルを入れて持参していたので助かった訳ですが、現場にネット環境が無いと本当に困ります。

後日、説明に伺った時にお世話になった工務店の方々がいらしたので、デモディスクを再生して一緒に聞いてもらいました。施主の方のお知り合いのようです。

最初は『こんなにスピーカーをつける意味があるのか?』と否定的でしたが、『今度家を建てる機会があったら導入してみたい』と考えが変わったようです。

お客様は導入してよかったとおっしゃっていただき、『今度はブルーレイの専用機が欲しい』と大変前向きでうれしそうな笑顔が印象的でした。   ig

 

VPL-VW500ES×オーエス STP WS102

先月、昨年より新築物件でお話がありました、お客様宅へプロジェクターとスクリーンの取付に伺いました。

ある程度わかっている方なので、工務店にご自分で配管及び天井補強やケーブルの入線を頼んであり、プロジェクターとスクリーンを取り付けるばかりになっていました。

下見の時の様子です。

もう最初からテレビシアターが組まれていました。プロジェクター側にはHDMIケーブルが2本通線されていました。

2本というところがお客様のこだわりの表れかと思います。

スクリーンから位置決めしていきます。

既に鎮座しているスピーカーと干渉してはなりません。

お客様の要望が、『投射距離以内でなるべく部屋いっぱいのサイズ』とスピーカーの前に設置をするので、『サウンドスクリーンである事』、『平面性が高い事』でオーエスのSTP-110HM-MRK2-WS102に決まりました。

このスクリーンですが、納期が結構かかります。基本的にはオーダーが入ってから製作に入るようです。

一ヶ月ぐらいかかりました。

取付後の様子です。

スクリーンケースの横は5センチずつぐらいで、これ以上のサイズは物理的に無理です。

サイドテンション機構が平面性を高めています。

スクリーンが取付終わったら今度はプロジェクターです。

汎用の金具を使用しましたが、収まりよく取付出来ました。

ラック内の様子です。

プロジェクターは当初VPL-HW55ESを考えられていて、AVアンプもSC-LXシリーズで考えていたのですが、4Kプロジェクターを当店のシアタールームで見ていただいたところ、考えが急変。

結局、PIONEERのBDP-LX88も導入していただき、4K映像のアップスケーリングを優先し、AVアンプまで予算が回らなくなってしまいました。

お客様に配線の確認をしていただき、レコーダーでテレビ番組を映したところです。

先ほどスクリーンに納期がかかると書きましたが、このVPL-VW500ESも1ヶ月半かかりました。

お客様からオーダーいただいたのが1月の終わりで取付完了したのが3月中旬でしたので本当にお待たせしました。

専用のお部屋でガンガン楽しんでくださいネ!

次はAVアンプですね。  ig

 

サラウンドSP設置Before After

ちょっと前になりますが、YAMAHA CX-A5000のイベントにお越しいただき、成約していただいたお客様のお宅へサラウンドバック、サラウンド、フロントエフェクトチャンネルの追加の為、取り付けに伺いました。

元々はAVプリの買い替えのみでお持ち帰りしていただいたのですが、やはり、店頭で聞いた11.1chが忘れられずに物理的に対応できそうな9.1chにお話がまとまりました。

スクリーンの横と

プロジェクターをはさんでサラウンドバックスピーカー、視聴ポイントのほぼ横にサラウンドスピーカーを取り付けます。取付位置に問題ないか下地を探して位置決めします。

入線後です。↑↓

配線の出し位置は既にHDMIケーブルを通線してあるところにまとめます。

取付後です。↑↓フロントエフェクトのスピーカーに干渉するカーテンは取外ししました。

隣についているエアコンのルーバーにギリギリ当たらないちょうど良い位置でした。

KEFのQ800dsを3セットという豪華な組み合わせです。

accuphaseのPX600に配線しますが、その前にFURUTECHのYラグで配線加工処理します。

配線はお客様が自ら行いYPAOで各チャンネルのテストトーンを確認して作業終了です。

CX-A5000のシネマDSPで濃厚なサラウンドをご堪能くださいね。 ig