DLA-V90R,70Rイベント後記

11月6日に行いました、DLA-V90R,70Rのイベントでのインプレを書いておきます。

PanasonicのDP-UB9000から2出力可能なAVアンプ(DENON AVR-X4700H)経由でDLA-V90R(上)とDLA-V70R(下)に接続して、視聴をしました。

今回は4Kブルーレイ以外にもUB9000の内蔵アプリNETFLIXのコンテンツもご覧いただきました。

以前ブログで紹介したEDISCREATIONのFIBER BOX2を通す前と通した後の比較も一部の方に見比べていただきました。

今回、イベント用に用意したDISCです。

両機種共に8K e-shiftですので、8Kカメラで空撮し、4Kにダウンコンバート収録した

VICOM 8K空撮夜景SKY WALKを視聴しました。

今回JVCから発売されるDLA-V90R,V80R,V70RはHDR10+に対応しているのでその機能を試すためにも8Kアップコンバートの性能を確認するにも最適なディスクです。

まずは東京タワー付近をカメラがパンニングしていくシーンをV70で8K e-shiftを切った状態で再生してみます。

ビルの細かい窓に一部モアレ(干渉縞)が発生しています。

続けて同じシーンを8Ke-shiftを入れた状態で見ましたが、モアレはほとんど感じないレベルで見ることが出来ました。

これが8K e-shiftのなせる業と実感しました。


HDR10+の信号を受けると画質モードが自動で選ばれてカラープロファイルやトーンマップはグレーアウトしていじれなくなります。

『HDR10+』はシーンごとに製作者によるメタデータが付与されていて、その情報を基にプロジェクター側で正確にマッピングするので、製作者の意図する映像表現を忠実に再現できる訳です。

意図的に『Frame  Adapt HDR』にすることも可能です。

前作のDLA-V9,V7,V5にも搭載されているJVCのお家芸でHDR10コンテンツのシーン/フレームごとに異なるピーク輝度を独自のアルゴリズムで瞬時に解析して最適なダイナミックレンジに自動調整しメタ情報が無いコンテンツでも最適な画質で視聴できます。

製作者の意図に合わせた画質で楽しみたければ『HDR10+』、

自分で調整を加えてお好みの画質にできる『Frame Adapt HDR』はお好みで選ぶことが出来ます。

『HDR+』の表記のあるディスクはまだ少ないのですが、買ってみて再生してみないとわからないそうで、JVCの担当の方に教えていただいたもう一つHDR10+収録の『Yesterday』を再生してみます。

チャプター17で主人公がJOHN LENONに会いに行く時に車を走らせていくシーンは滑らかです。

e-shiftは常にONで使いたいです。

続けて、『1917』のチャプター13から、

暗がりの中で気を失った兵士が、目覚め爆撃の光の明滅の表現、避けながら逃げるシーン途中の水たまりに映った建物の影の表現はリアルに感じました。

ここからはV90Rとの比較ですが、レンズ口径の違い、8K e-ShiftX、Ultra-High Contrast Opticsによるネイティブコントラストの差が大きくものを言い一度V90Rを見てしまうともう戻れません。

うまく言えませんが、黙り込んでその映像に没頭してしまうんです。

続いて古い作品ですが『My Fair Lady』です。

メニュー画面だけでもハッとするような画質です。

これが50年以上前に作られた映画かと思うとすごいなぁと思います。

当時撮影されたフィルムのクオリティと今日のデジタル技術を合わせ8Kにアップコンバートするとヤバい事になります。

チャプター22の競馬場のシーンでは白い服、黒い服のコントラストが見事です。

次ににUSBメモリーに8Kで撮影され4Kにダウンコンバートして収録されたJVCのデモ映像を再生してみます。

解像度が上がると4Kでは気づかなかった細かい表現に気づかされます。

これからの映像コンテンツの楽しみ方はサブスクも見逃せません。

DP-UB9000内蔵のアプリから『NETFLIX』を立ち上げ、4KHDRで配信されている『イカゲーム』を再生してみます。

光絶縁ツール Fiber BOX2を経由させると、コントラストが上がり、奥行き感も4Kのプロジェクターで見るより洗練されてきます。

今回の視聴には単純にV90R,V70Rの比較で4K60P18Gbps対応のメタルケーブルを使用しましたが、FIBBRのPURE3もお借りしていました。

実は以前ブログでPURE2に対してPURE3は映像の方向性が違うとのコメントをしましたが8Kのプロジェクターで比較していたわけでは無いので興味のある所でした。

見た結果はやはり8Kプロジェクターとの組み合わせだとある種の化学反応が起こるのか、良い印象を受けました。

JVCの新シリーズは来るべき8K時代を見据え、8K入力を装備していますが、まだまだ4Kアップコンバートの映像を見るのが主だと思います。

FULL HDのブルーレイで8Kスキャンフィルムで収録された『Samusara』も見てみました。

UB9000側で4Kアップコンさせてプロジェクター側でさらに8Kアップコンした映像は細かなところが再現されているように感じます。

8K e-shiftXが効いているのでしょうか

最後に地上デジタル放送も確認しましたが、違和感なくきれいです。

DLA-Z1ユーザーの方が帰り際にこんなきれいな地上デジタルの映像は初めて見た!

ともおっしゃっていました。

まだまだ色々と伸びしろもありそうな今回の新機種ですが、半導体の不足で潤沢に市場に出回るのは来年になりそうです。

しばらくは高嶺の花子さんです。

ig

TASCAM BD-MP4K ファーストインプレッション

TASCAMってメーカーはご存知でしょうか?

オーディオメーカーTEACの業務用ブランドです。

学校や公共施設の業務用オーディオを主に扱っていますが、4K UHDプレーヤーが発売されているのを知り、店頭導入してみました。

HiVi8月号に掲載されてますし、オーディオ好きな常連さんから指名買いしていただいたのがきっかけです。

いかにも業務用って感じのデザインで、表記は英語のみです。

フロントのボタンである程度の操作が出来るように想定されています。

通常ではあまり使用しないようなディスクの取り出しが出来ないようにロックも出来ます。小さい子供がいるところでは有効かも?

シアタールームでハンドリングしてみました。


専用機を彷彿させる端子の数々です。

XLR(バランス)にRCA(アンバランス)2ch出力に

7.1chアナログ音声出力

HDMIは音声専用出力の2系統、USB入力、同軸デジタル出力

電源は着脱可能で100~240Vのマルチボルテージタイプです。

PanasonicのDP-UB9000と比べてみるとスリムなのがよくわかります。


セットアップの言語は英語、日本語他、ふだん目にすることが無いような言語が選べます。

ブルーレイディスク再生中のディスプレイ表示です。

PCM音源はPCMと出て、ドルビーアトモス音声はDB(データベースの意味?)と表示されます。

竹内まりやのTheater Live『元気を出して』を聞いてみました。

オーディオメーカーらしくなかなか聞きごたえのある良い音です。

セッティングをしているところにオーディオ通の常連さんとDP-UB9000とHDMI接続での映像音声VSしてみましたがBD-MP4Kなかなかの健闘ぶりです。

ブルーレイのリージョン表記はAとしていますが、Webの情報を見てもDVDのリージョンの表記が見当たらない。

ひょっとしてと思って北米盤のDVD(リージョン1)クライテリオン盤の『フィフスエレメント』を試してみたら

すんなり再生しました。ひょっとしてDVDはリージョンフリーかも?

停止ボタンを押したらディスプレイにジャケット写真も表示されました。

その後、通常の日本盤(リージョン2)、リージョン3の韓国盤、リージョン4(PAL方式)、リージョン2(PAL方式)と手持ちのディスクを試しましたがすべて再生しました。

これは意外な発見がありました。グローバルな業務用ならではの副産物でしょうか?

CDや4K UHD、ブルーレイディスクをとっかえひっかえ再生しましたが、ディスクの読込早いです。

もっさりした感じはありません。

録画したDVD-R DL(CPRM)はフォルダーで出てきて決定を押すとタイトルが表示されます。

リピート再生時もオンスクリーンにCT(チャプターリピート)TT(タイトルリピート)と表示されるのでどっかで見たかなと思いなおしたらPIONEERとそっくりでした。

リモコンは多機能な為キーが多くあります。

一番右下のHDMIボタンはディスク再生中でも、解像度の変更が出来ます。

DVDでは押すごとに480i,480P,720P,1080i,1080p,4Kと切り替えられます。

リモコンにリピートボタンがあるのはとても便利です。

暗いところでの操作が出来るように、ボタンが光ればさらに使い勝手が良いと思いました。

DP-UB9000のようにネット動画の再生やブルーレイディスクにデータ焼きした4K映像の再生は出来ませんが、より高音質で4K UHD,ブルーレイ,DVDディスクが再生出来てアナログ音声出力で手持ちのオーディオとの接続が出来て、電源ケーブルを変えてみたり、底面のインシュレーターを変えてみたりと、いじりようによって伸びしろもあるのでおススメできます。

おぉ!と思えるちょっと良いの出てきましたね。

現在、本店スペースのテレビに接続していますが、シアタールームにて視聴可能です。   ig

EDISCREATION Fiber BOXⅡ , Silent Switch OCXO “JAPAN STANDARD MODEL” インプレッション

ネットワークオーディオやストリーミングオーディオもこんな領域まで掘り下げて来たかと、驚かされる代物を体験してしまいました。

2021年1月に発足したばかりの輸入オーディオを取り扱う、タクトシュトックさんの担当者がサンプルを店頭に持ってきていただきました。


Ediscreation  Fiber BOXⅡ JAPAN STANDARD MODELです。

標準価格198,000円(税込)

外観の造りはしっかりしていて、GOLDMUNDをかなり意識している感じです。

一見して何する物?と思われるでしょう。

LAN端子INPUTに入れて出力させる、レコードでいうとフォノイコライザー的な物です。

内部で光電変換する事で不要な高周波干渉の分離をして信号伝送のジッターの悪影響を低減します。

具体的な使用状況を考えると、ネットワークオーディオプレーヤー又はNETFLIX等のストリーミング動画再生機の前に接続する用途ですね。

音が良くなるというのは何となくわかるのですが、ストリーミング動画(映像)については少し懐疑的でしたので、シアタールームに持ち込んでDP-UB9000の内部アプリのNETFLIXを立ち上げて『ブレードランナー2049』『パラサイト 半地下の家族』のワンシーンで確認してみます。

担当者いわく、電源を入れてすぐには効果がわからないというので、繋ぐ前に10分程エージング時間を置きました。

その間にいろいろと説明をいただきました。

『悪影響を及ぼすノイズを~~』『エンジニアがまじめに設計して~~』などピンとこなかったですが、接続を終えて同じシーンを繰り返し見始めたとたん、映像も音も全然違っています。

細かい音が数多く聞こえて映像はノイズが減ったせいか、奥行き感、明暗さも改善されたように感じました。

今まできれいだと思っていた映像、音声にノイズが混入していたんですね。


もう一つ高級なスイッチングHUBも試してみました。

Silent Switch DCXO JAPAN STANDARD MODELです。

標準価格187,000円(税込)

本来の使い方はFiber BOXⅡ後にくぐらせて各機器に接続するのでしょうけど、単体で使用しても効果は感じられました。

メタルプラグを採用したLANケーブルではアースにループを起こす事があり、システム全体に悪影響をもたらす事が知られているそうです。(私は知りませんでした)

そこで、入出力下にスイッチが設けられていて使用するケーブルによりグラウンドを切り離すことが音源を再生しながら簡単に行えます。

気になる方はHivi2021年8月号に掲載されるようですからチェックしてみてください。

Fiber boxⅡは店頭導入予定です。

オーディオアクセサリーというより、新カテゴリーオーディオコンポーネントと名乗った方がふさわしいと思いました。

ig

期間限定7月6日(火)まで DYNAUDIO Heritage Special 試聴出来ます。

話題の新製品DYNAUDIO Heritage Specialです。
全世界2500セット限定品で、現状では日本にまだほとんど入荷していません。
メーカーさんより試聴機をお借りしましたので7月6日(火)までの期間限定ではございますが、店頭にてご試聴可能です。
商品の詳細につきましてはこちらを参考にして下さい。



ぜひ、この機会をお見逃し無く!

光HDMIケーブル FIBBR PURE3 AIM LS3インプレッション

光HDMIケーブルのインプレッションを書いておこうと思います。

自分一人だけで見てどうこう書くのはどうかと思いまして、大画面、高画質、高音質大好物のイツメンお客様お二人と一緒に見比べてみました。

最初に言っておきますが、ものすごく目の肥えた方たちで一人はJVC DLA-Z1、もう一人はSONY VPL-VW855を所有し、ふたりとも4KブルーレイプレーヤーはPIONEER UDP-LX800,PanaのUB9000両方を持っていて目的に合わせて使いこなしています。

もちろんプロジェクター(映像)とAVプリ(音声)に分けて配線されています。

映像にはFIBBR PURE2をお二人とも使用されています。

送り出しはPanasonic DP-UB9000から直接JVCのDLA-V5へ接続して

1)AIM 4KHDR対応メタルケーブル(5m)
2)JVC  VX-HD1200LC(20m)
3)FIBBR PURE2(10m)
4)FIBBR PURE3(10m)
5)AIM  LS3(15m)

を順番に見ていきます。

UB9000にはJVCの4Kデモディスク(Pelu)

My Fair Lady(Audrey Hepburn)

SULLY(TOM HANKS)のワンシーンを見比べて行きました。

今回の目的のほとんどがPURE2とPURE3どのように進化したか?です。

1)のメタルケーブルでの映像が基準としての映像ですが、いやいやこれでもかなりの画質です。

2)のJVC VX-HD1200LCに取り替えたとたんコントラストや奥行き感が向上しました。

流石に20万円の実力といったところでしょう。

 

次に3)PURE2です。

差し替えた瞬間に違いが分かりますね。

技術の進歩というのは残酷に感じました。PURE2は10mで標準価格70,000円(税別)

これは明らかに価格破壊です。奥行き感、コントラストはさらに向上しました。

次はPURE3との比較です。

外観はPURE2に比べケーブルがやや太くなった感じで電源供給の為にあったUSBの端子が無くなりスッキリした印象です。

PURE2のように針金みたく直角に曲げたりすることは出来ずに重量はやや重い感じです。

HDMI2.1規格 8K60Hz 48Gbpsに対応して標準価格73,000円(税別)

PURE2と比べてたったの3,000円しか違わないこれまた価格破壊ですね。

さて本題の映像比較ですが、PURE2と比べて明らかに絵作りが異なります。

PURE2のパキパキの解像感と奥行き感に比べてPURE3はやや落ちついた映像で別物の個性。

色のりやノイズの少なさはPURE2よりあるように感じますが、それが邪魔してしているようにも感じました。

私を含め3人の意見が合致しました。

途中参戦のお客様が『PURE2を安くしてくれるなら即買いだね』なんという事をおっしゃる方もいました。

新製品の期待度が高かったのですが、4Kで見比べているかもしれませんね。

8Kのプロジェクターなら違ったように感じたかもしれません。

最後に高額なAIM LS3との比較です。

10mで標準価格190,000円(税別)です。高っ!

世界で初めて8K48Gbps対応のレーザーケーブルを発売したMade in Japanモデルの存在を知ってはいましたが、こんな高すぎるケーブルは誰が買うんだろうと敬遠していました。

今まではONKYO経由で取引があったのですが、直接取引になりお近づきのしるしにとお借りする事が出来ました。

PURE3と入れ替えた瞬間に今までのケーブルとは品格が違うように感じました。

SULLYでは、街中をジョギングする主人公の葛藤を感じ取れるような空気感、コックピットの中の計器類の緻密な描写も素晴らしかった。

少し大げさかもしれませんが、もう一クラス上のプロジェクターを見ているような不思議な感覚です。

ケーブルの比較をする場合、一番最後に試したものが良く感じると聞いたことがあるので、LS3 ⇒ PURE3 ⇒ PURE2 ⇒ VX-HD1200LC と何度か見比べてもやはりLS3が一番良く思えました。

結果、良いものは高額なのだとはっきり思い知らされましたね。


タイミングよくメースからお借りしていたCHORDのGroundARAY(XLR-M)を空き端子に挿して、PanasonicのUSBコンディショナーとAIMのLS3をプロジェクターへ、FIBBRのPURE3をAVアンプへ挿して極上の組み合わせと思われる組み合わせで見たMy Fair Ladyの広間でのワンシーンの本棚のディールやすごい事!

この後イツメンのお二人からLS3の注文をいただきました。 ig

WOWOW 4K開始!

本日、PM1:00から始まったWOWOW 4K

WOWOWから毎月届く冊子には4K放送の内容が細かく掲載されてなくて、本当に3月1日に始まるのかといささか不安ではありましたが、とにかく始まりました。

お店で受信が出来るようにアンテナ、ブースターなど用意してこの日挑みました。

NHK BS4Kは右旋なので今までのBSアンテナでも受信が可能でしたが、WOWOW4Kは左旋なので対応するアンテナに変更する必要があります。

SONYのBS4Kチューナー内蔵レコーダーBDZ-FBT2000に環境を整えて受信テストです。

WOWOWに加入していれば環境を整えるだけでは受信できません。

WOWOWに連絡して登録をします。PCからはこちらでアカウント登録して進むとスムーズかと思います。

昨日の時点で番組表から予約できたので、これで受信できるはず!

本日を待ちました。

古い映画ですが、どこまできれいに見れるか試しに録画してみます。

連続ドラマW『太陽は動かない』をライブで見ました。番組表にはHDRとかの表示がないのに、HLG(ハイブリッド・ログガンマ)で放送していました。

なかなかのクォリテイです。

VPL-VW775の情報でHLGと表示されています。

ストリーミングでNetflex他の4K映像が普及していますが、放送でHLGもなかなか良いです。

高画質なプロジェクターならば感動もひとしおでしょう。

NHKみたいに放送内容によってSDRとHLG混在なのか検証していくとします。

放送は一期一会ですし、録画すれば何度でも見れるところはコレクション魂もくすぐられます。

番組表を追っていったら『あしたのジョー』と『半地下の家族』もありましたので予約してみました。今から楽しみです。

あしたのジョーの1話は無料になっていますね。

コンテンツが勝負になって来ると思いますが、やっぱWOWOWだわ!と思わせる内容を期待します!『しあわせの黄色いハンカチ』はHLGであってほしいです。

ノイズポンププラグ CHORD PowerARAY

前回からのからの続きです。

貸し出し機が到着しました。

こちらの製品は標準価格120,000円(税別)です。

通常はコンセントプラグの空いているところ(上流)に挿して使用します。

早速それぞれのお客様にお貸出ししました。

上の写真はお貸出しした、お客様からの提供です。

視聴してみるとGroundARAYとは違った変化を感じました。

特に音が顕著に変化します。

なんか表現しにくいんですが空気感みたいなものが違うんです。

違う使い方としてはクリーン電源の最上流に差し込んで使う方法です。

それぞれのお客様から注文をいただきました。一人の方は2個まとめて、もう一人の方は期間を空けて2個です。

クリーン電源が2台あるので、それぞれに使いたいとの事でした。

このアイテムカタログを見つめてもNET検索してもわかりにくい商品です。

メーカーからは貸し出しの用意がありますので、気になっている方ご相談ください。

GroundARAYのLANタイプは店頭導入しました。

プロジェクターやプレーヤーに挿してデモンストレーション可能です。

気になる方は是非ご来店ください。

ノイズポンププラグ CHORD GroundARAY その後

しばらくして、そのお客様がご来店されてもう1個LANタイプを注文いただきました。

プロジェクターに挿すのとプレーヤーに挿すのとそれぞれ違う効果があるというのです。

それもそのはずそのお客様はプレーヤーから映像用で、プロジェクターに直接HDMI接続し、音声はAVアンプへHDMI接続しています。

お買い上げのLANタイプはUB9000用に使用し、今度はUDP-LX800のXLR端子に試してみたいというので又メースの担当者からお借りしました。

ついでなので各種お貸ししますと快く大盤振る舞いしてくれました。

XLRメス、オス、RCA、BNC、USB-Bを一気に借りる事が出来ました。

お客様にはRCAとXLRメス、オスをお貸しし、違うお客様にUSB-Bをお貸ししました。

お客様が言うには『精神衛生上もあるが、プラグ部分が長いのでFURUTECHのNCF Boosterでサポートしてあげるとさらにいい感じだよ』という事で写真を送ってもらいました。

本当はこのお客様にLANタイプをお貸ししたかったのですが、あいにく出払っていてデモ機が無かったのです。

数日後、それぞれのお客様からXLRタイプとLANタイプの注文いただきました。

JVC DLA-Z1にPanasonic パワーコンディショナーSH-UPX01と同居するGroundARAYそれをサポートするFURUTECH NCF Boosterの写真を送ってもらいました。

そんな事が続き、ある日メースの担当者から電源コンセントに挿して使用するノイズポンププラグ『POWER ARAY』という製品の紹介をされました。

『貸し出し機が用意できたのでGround ARAYを購入された方にお試しいただきたい』

という事で次回に続きます。

ノイズポンププラグ CHORD GroundARAY

きっかけはあるお客様からの相談からでした。

常連のお客様でオーディオやビジュアルのかなり高級な機器を買い求められている方で、プロジェクターはVPL-VW855、4KブルーレイプレーヤーはUDP-LX800、DP-UB9000、AVアンプやスピーカーもかなりのグレードの物を所有されていて、HDMIケーブルは高額な光ケーブルを各プレーヤー分と電源アクセサリーも高額な製品をお持ちです。

向上心旺盛なこのお客様、『もうしばらくお店に来ることが無いかな』とおっしゃったので昨年のオーディオアクセサリーに開催され始めた頃から気になっていました、ノイズポンププラグを紹介しました。

レコード世代の方は記憶にあると思いますが、ハム音(ブーン)といったわかりやすいノイズではなく、近年急激に進歩し普及しているデジタル機器には誰でもわかる耳障りな音ではなく可聴範囲を超えるノイズの影響を対策しようと考えられた製品です。

機器の空いている端子に挿入し、ノイズを取るという事で『ノイズポンププラグ』と名付けられているのだと思います。

ラインナップはRCA、BNC、XLRオス、XLRメス、USB-A、USB-B、LAN、HDMIと豊富ですが、標準価格88,000円(税別)とすぐに決断して買えるようなものでもありません。

実際この製品を目にしたこともなく、とにかく試してもらうしかないと思い取引先のメースの担当者に頼んでデモ機が空くのを待ち体験してもらいました。

主にビジュアル機器の接続を想定してまずはLANタイプを借りてみました。

VPL-VW855のLAN端子に接続してみるという事でした。

この時点ではやはり半信半疑で、価格なりの効果があるかどうかとにかく店頭製品で試しました。

お客様に引き渡す前に店頭でDP-UB9000に接続してみる事にしました。

見慣れたJVCの4Kデモ映像で確認しましたが、音がまずわかりやすく変化します。

ダイナミックレンジが広がり、聞きやすい音になります。

映像は表現が難しいですが、奥行きの段階がわかり色数が圧倒的に増えます。

これが本当にディスクに入っている情報で普段見ていた映像はノイズの中に存在するものだったんだと、そう思うようになりました。

プレーヤー以外にも店頭のDLA-V7に接続してみました。

PanasonicのUSBパワーコンディショナーと同居させてみましたが、効果はありました。

お客様に渡すべく、外してしばらくしてプロジェクターの映像を見たらこの商品の良さを体感しました。

一週間後、返却に来られたお客様から直ぐにLANタイプの注文いただきました。

感想を聞くと自分と同じような事を言っていました。

1週間見慣れた映像と外した時の差がハンパなく購入に踏み切られました。

電源やHDMIケーブルを色々変えてみてこれ以上の変化はないだろうと思われていたのでこんなに伸びしろがあるなんて思わなかったそうです。

この話はまだ続きます。

KEF KC62 小型サブウーファー 展示導入しました。

先日、ブログで紹介させていただいたKC62の展示機導入しました。

ブラック色を導入しました。

インプレでは書けなかった部分を追加します。

商品はイメージが大事ですが、底面の写真をあまり見る事が出来ません。

サブウーファーは床に直置きして使うものなのでどのような形状になっているか気になる方もいると思います。

KC62の場合底面は中心からゴムラバーになっています。

ここで余分な共鳴する振動を抑えているわけですね。

その昔、パフォーマンスの良いサブウーファーで4点で支えている小さなゴム足が自身の低音で歩いてしまいオーディオボードから落ちてしまったという事案がありましたが、こちらはほぼ面で支えるのでそのような心配はないでしょう。

余分な振動を感じないという点では映画の爆音で低音が持続して鳴るような時でも、トップ面に手で触れても振動が伝わりにくく、よく考えられた振動対策をしていると思いました。

それに加え、このコンパクトさが魅力です。

リビングでの導入考えている方、ぜひ店頭でご確認ください。