MITSUBISHI LVP-HC8000Dイベントの概要です。

先日行われたMITSUBISHI LVP-HC8000Dイベントの概要です。

使用機器 プロジェクター MITSUBISHI LVP-HC8000D
       AVアンプ    YAMAHA RX-A3020
       BDレコーダー  Panasonic DMR-BZT9300
       スクリーン   Stewart 120インチHD130
       メインスピーカー KEF R700
       センタースピーカー KEF R200C
       サラウンドスピーカー KEF R500
       サブウーファー KEF R400b
       HDMIケーブル AIM電子 AVC-LS-15,他

土曜日の昼からはじまったイベントでしたが、ほぼ予定定員どおりでスタートしました。
会場全景使用機器DMR-BZT9300接続はPanasonic DMR-BZT9300のHDMI出力から映像用でHC8000Dへ、音声用で
RX-A3020へ、メインスピーカーはバイアンプで接続して5.1chの構成で行いました。会場スクリーン側プロジェクター側全景調整中 堀切先生

調整中の堀切先生と佐藤氏

調整中 三菱 佐藤氏まずは、今回の音の主役であるRX-A3020の特徴について説明をしていただきました。
さすが、堀切先生!ポイントを押さえて的確に分かりやすかったです。

次にBDソフトを見ながらプロジェクターのデモンストレーションに入ります。

ザ・マペッツHC8000Dの色再現性を確認するため『ザ、マペッツ』を再生。とても色鮮やかにスクリーン
に映し出されました。

次はDLP方式のカラーホイールによる色分離方式で発生するカラーブレーキングを極限まで
低減させる6倍速駆動と従来の4倍速との比較視聴を『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』でしました。

ものすごくうるさくて

カラーブレーキングは人によって見えたり見えなかったりしますが、私は見えてしまう方なのでとても興味がありました。4倍速では気になっていたカラーブレーキングが確かに気にならない
レベルで低減しているのがわかりました。ただ若干解像感が失われる感じはあるのでカラーブレーキングが気にならない方は4倍速でご覧いただいた方が良いかもしれません。いずれもお好みの範囲内です。

次は『SUPER Hivi CAST』を使用してカラーマネージメントの入切の比較です。

shvc[1]

映像を構成する6色の色調を独立して『色相』『彩度』『明度』調整したい色を指定すると、その成分だけお好みに合わせた色調整が出来る機能ですが調整の項目が階層的になっていなくて至って簡単に行えます。次は『HITMAN(david foster)』よりシャリースの『I always love you』でステージでの暗部の表現。

HITMAN

引き締まった黒、潰れるでもなく微妙な黒の再現が見事でした。DLP素子に可変アイリスを搭載してステージの明るいところと暗部がめまぐるしく変わるシーンでも瞬時に追随して、さらにレンズの固定アイリスと余分な光をカットする固定アイリス全部で3つもアイリスを搭載しています(贅沢だぁ)。

続きまして今度は『ダークナイトライジング』でアイリスの効果を確かめるべく、暗いシーンが続く箇所と明るいシーンが続くところでコントラスト感を確認

ダークナイトライジング

続いて『アラビアのローレンス』のワンシーン、

アラビアのローレンスkiller joe

最新輸入盤の『Killer Joe』のワンシーンで2Dの視聴は終了しました。
『アラビアのローレンス』のような古い作品がフィルムから見直され、きれいになるのは映画ファンにとってはありがたいもの、又『Killer Joe』のように4Kカメラで撮影されたカリカリの高画質はびっくりしました。堀切先生いわく、最近見たソフトで5本の指に入るそうな。ここまでで約1時間。ここでトイレ休憩を挟んで3D視聴に入ります。ここからがまさに本題です。各社から3D対応のモデルが発売されていますが,
前機種のHC7800Dから3Dなら三菱だよ!と雑誌等で紹介されていてそのリファインでさらに磨きがかかっているこの機種ですので、ここからは特に時間をかけて説明とデモをわかりやすく説明してくれました。3Dメガネ

オプションの『高速シャッターブラック液晶メガネ』と従来からある3Dメガネの違いと3D対応のFRCの説明があり、

AVATAR 3D

『アバター』で2シーンを比較。『高速シャッターブラック液晶メガネ』を使用したときの映像の滑らかさはすごく、3D特有のクロストークもぜんぜん気にならなく快適でした。

美女と野獣

次に『美女と野獣』の主人公ベルが道を歩くワンシーンでFRCのフレーム補間の比較フィルム特有のカタカタ感を保ちながらくっきり、鮮明であり残像感の無い映像を確認しました。調整は5段階ありお好みで選ぶ事が出来ます。新しく搭載された2D-3D変換を確認するため、WOWOWでエアチェックされた『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』、2DのBDソフト『スター・ウォーズ』の冒頭のシーンを再生。意外に立体感がありました。

ここから3本続けて『ヒューゴの不思議な発明』、『マダガスカル3』、『アメージング・スパイダーマン』の3D作品を見ました。


残像感の無い滑らかな3D映像は見ていて心地よく疲れない。いつまでも見ていたいと感じました。3Dの視聴に1時間かけてくれるようなメーカーは実際のところありません。それだけ3D視聴に対しての姿勢や意欲がある証拠だと思います。今回の視聴で大変勉強になりました。イベント当初に堀切先生が言っていた一言が今になって実感してきました。『4K,ハイレゾと世間では耳にしますが、実際私たちは2K(FULL HD)をきちんと見てないのでは無いでしょうか?3Dをきちんと理解して見ましょうよ』
お深い言葉でした。

最後に。このイベントではAIM電子から以前ブログで紹介したHDMIレーザーケーブルを使用しました。
堀切先生はこのケーブルでの視聴ははじめてらしく,えらく気に入っていました。見た瞬間秒殺されてしまったようで即決でご注文いただきました。堀切先生、三菱電機の佐藤さん他、関係者の方このような有意義なイベントになり大変感謝しています。ありがとうございました。

スケジュールの関係でイベントに参加できなかった方は残念でしたが、LVP-HC8000Dは店頭にございますので、視聴希望の方は是非足をお運び下さい。 iGA

LVP-HC8000Dのイベント使用機器が決まりました!

1月26日に行います、LVP-HC8000Dのイベントで使用する機器が決定しました。

プロジェクター:MITSUBISHI  LVP-HC8000D

AVアンプ:YAMAHA RX-A3020(AVENTAGE)

メインスピーカー:KEF  R700

センタースピーカー:KEF  R200C

サラウンドスピーカー:KEF  R500

サブウーファー:KEF R400b

スクリーン、送り出し機器については三菱さんより用意されるので

詳細はまだわかりません。皆さん是非イベントに足を運んでくださいネ。 

お問い合わせ イベント予約はE-mail igawa@daiichimusen.co.jp

またはお電話 0532-54-5245 担当 井川まで

AIM電子のレーザーケーブルを借りてみました。

前々から興味を持っていたAIM電子のレーザーケーブルを借りてみました。正式の出荷品とは外観が違うと思います。1お借りしたのが10mと長尺のものです。ケーブル部分は非常に硬くて曲げに強いのが特徴です。 2このケーブルには方向性があり、送信側に電源を供給する為のDCジャックがあります。実際にはテストの為にこのケーブルに電源を供給しなくても映像は映し出されました。AIM電子の担当の方に伺ったら『動作が不安定な場合にお使い下さい』とのことです。 3ケーブルの先はUSB端子になっていていました。(本出荷品は仕様が変わっているかもしれません) こちらのケーブルは4K信号を安定して伝送可能としケーブル内部は光ファイバー、コントロールには専用ケーブルを使うなど画期的な仕組みとなっており、長さのラインナップも以下のとおり

AVC-LS-015(1.5m)⇒希望小売価格105,000円(税込)

AVC-LS-03(3m)⇒希望小売価格115,500円(税込)

AVC-LS-10(10m)⇒希望小売価格136,500円(税込)

AVC-LS-15(15m)⇒希望小売価格157,500円(税込)

AVC-LS-20(20m)⇒希望小売価格178,500円(税込)

AVC-LS-30(30m)⇒希望小売価格199,500円(税込)

AVC-LS-50(50m)⇒希望小売価格220,500円(税込)

AVC-LS-70(70m)⇒希望小売価格252,000円(税込)

AVC-LS-100(100m)⇒希望小売価格294,000円(税込)

長さが長くなればなるほど、従来の線材では高額になるのに対してこちらのレーザーケーブルはそれ程金額が変わりません。通常ホームシアターで使用する場合の実用的な長さは10mぐらいまでがほとんどでしょう。出来ればラインナップに7mも欲しいところです。

まずはOPPO BDP105(解像度はソースダイレクト)からダイレクトにSONY VPL-VW1000ESに入力してみました。いつも見ているデモディスクで確認しましたが、S/Nが良くて好印象でした。通常のメタルケーブルであれば長さによる損失がありますが、レーザーケーブルであればその心配も無く安定した映像を供給できるでしょう。

一番の関心だった4K動画の伝送を試してみました。ちょっと反則っぽいですが、1/18日まで期間限定で展示しているKD-84X9000で流しているREAL 4Kのコンテンツが入っているPCからVPL-VW1000ESへこのケーブルを使用して映像を確認しました。4K 大解像度表示映しだされた映像は圧巻でした。パンドラの箱を開けてしまったとでも申しましょうか。とても言葉では表現できない映像にスタッフ一同釘付けになってしまいました。この映像がパッケージメディアになるのは何時の事やら?今後の動向が非常に楽しみです。

今回は音声でのテストは試していませんが雑誌などでは音も良いとの事です。今度借りる事が出来たらチェックしたいと思います。

これからホームシアターをお考えのお客様に是非ともオススメしたい逸品です。 iGA

お買い得!特選中古品情報 DENON DCD-SA1(SACD/CDプレーヤー)

特選中古品情報
お買い得!特選中古品情報 DENON DCD-SA1(SACD/CDプレーヤー)
DCD-SA1S01
DCD-SA1S02
DCD-SA1S03
DCD-SA1S04
付属品はリモコン・取説・電源ケーブル(非純正品)です。若干の擦り傷や点傷などありますが特に目立った傷も無くきれいな商品です。
新品時定価525,000円(税込)

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

お買い得!特選中古品情報 SOULNOTE sa1.0(モニターアンプ)

特選中古品情報
お買い得!特選中古品情報 SOULNOTE sa1.0(モニターアンプ)
sa1.0S01
sa1.0S02
sa1.0S03
sa1.0S04
sa1.0S05
付属品は電源ケーブル・スパイク3個です。天板に引っかき傷など多数ございます。
新品時定価105,000円(税込)

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

お買い得!特選中古品情報 DENON DCD-SA11(SACD/CDプレーヤー)

特選中古品情報
お買い得!特選中古品情報 DENON DCD-SA11(SACD/CDプレーヤー)
DCD-SA11S01
DCD-SA11S02
DCD-SA11S03
DCD-SA11S04
付属品は電源ケーブル・リモコン・取説です。若干の擦り傷などありますが特に目立った傷も無くきれいな商品です。
新品時定価367,500円(税込)

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

お買い得!特選中古品情報 Nmode/吉田苑 X-PM2Wraith24(1bitデジタルアンプ)

特選中古品情報
お買い得!特選中古品情報Nmode/吉田苑 X-PM2Wraith24(1bitデジタルアンプ)
Wreith24S01
Wreith24S02
Wreith24S03
Wreith24S04
付属品は電源ケーブル・スパイク3個です。若干の擦り傷などありますが特に目立った傷も無くきれいな商品です。
新品時定価オープン価格

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

お買い得!特選中古品情報 SOULNOTE da1.0(デジタルプリメインアンプ)

特選中古品情報
お買い得!特選中古品情報 SOULNOTE da1.0(デジタルプリメインアンプ)
da1.0S01
da1.0S02
da1.0S03
da1.0S04
付属品は電源ケーブル・取扱説明書・元箱です。若干の擦り傷などありますが特に目立った傷も無くきれいな商品です。
新品時定価 252,000円(税込)

完売御礼 ありがとうございました。