プロジェクターリプレース!Before after

3管7インチの名機MITSUBISHI LVP2001からJVC DLA-X55Rのリプレース工事に行ってきました。LVP2001②   

作業に入る前に3管にお別れの儀式(電源投入)今まで良くがんばってくれました。

LVP2001映像

激動のAV進化を共に過ごして来ました。

時には三菱のK氏によるスペシャル調整もしてアナログの可能性を充分に引き出して

きましたが、押し寄せるデジタルの波には対応できず、いよいよお別れの時が来ました。

今回の作業はプロジェクターの取替、ケーブルの入替、スクリーンの位置調整です。

取外し直後

リフトを使って慎重に3管プロジェクターを降ろしました。

元々は白い壁紙にプロジェクターをつけた跡に黒い壁紙に張り替えたのでちょっと見苦しい

感じになってしまいます。お客様からご依頼のありました黒い合板を用意してカムフラージュします。

黒い合板

天井裏に潜り、HDMIケーブルを2本通しました。メタルのWireWorld SHH6/5.0

とレーザーのAIM PAVA-LS10です。画質比較及び使用用途を考えての2本です。

今回はなんとか間に合いましたが、AIMのレーザーケーブルは今非常に売れていて

10mは生産待ちで次の納期は6月だとか・・・

プロジェクター取付後

プロジェクターが取付できました。ケーブルを通したプレートを黒く着色しました。金具も黒が

あればいいのにと思いますが・・・・

次はスクリーンの位置調整です。

スクリーン取外し前

スクリーンはスチュワートの貼込型で110ワイドです。

今の高さはサブウーファーの高さにギリギリで視聴位置によってはかぶる為、

上に移動します。

スクリーン取外し後

スクリーンを外したところです。ちなみに黒の暗幕の奥は窓です。光漏れ対策ですね。

プロジェクター電源投入スクリーン側

スクリーン移動後の状態です。作業には半日以上かかりましたが無事に出来て一安心。

3D,4Kアップの映像を楽しめる状態になりました。棚に溢れんばかりのソフトを思う存分楽しんでくださいね。

iGA