PIONEER BDP-LX88 × SC-LX88視聴イベント

先日のブログでお伝えしましたように当店シアタールームにて

注目のブルーレイユニバーサルプレーヤー BDP-LX88のイベントを開催します。

BDP-LX88_201412_580

当店常設のSONY 4Kプロジェクター VPL-VW1100ESにてその巧みな映像表現と

同社のフラグシップAVアンプを使用したこだわりの音のコンビネーションを体験してください。

各回90分の説明を加えたデモンストレーションを行います。

会場は定員5名で予約優先とさせていただきます。

皆様のイベント参加お待ちしています。

 

お買い得!『特選中古品情報』Accuphase A-60(純A級ステレオパワーアンプ)その2

特選中古品情報
お買い得!『特選中古品情報』 Accuphase A-60(純A級ステレオパワーアンプ)その2のご案内です。

商品の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。




メーカーにて総合点検を施して有りますので、メーカーの修理保証が2015年の11月13日まで付属いたします。
特に目立った傷も無くキレイな商品です。
付属品は取扱説明書・電源ケーブル・修理表です。

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

お買い得!『特選中古品情報』Accuphase A-60(純A級ステレオパワーアンプ)その1

特選中古品情報
お買い得!『特選中古品情報』 Accuphase A-60(純A級ステレオパワーアンプ)その1のご案内です。

商品の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。




メーカーにて総合点検を施して有りますので、メーカーの修理保証が2015年の11月13日まで付属いたします。
特に目立った傷も無くキレイな商品です。
付属品は取扱説明書・電源ケーブル・修理表です。

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

Bowers&Wilkins
805 Maserati Edition
(スピーカー&専用スタンドペア)
『展示処分特価品』のご案内

本日は限定にて発売されていますBowers&Wilkins 805Maserati Editionの『展示処分特価品』のご案内です。商品のスペック等につきましてはこちらをご覧下さい。

全世界限定500セット(日本は100セット)です。

S3

S4

メーカーの保証期間はご購入より5年間となっております。

メーカー希望小売価格1,620,000円(税込)

完売御礼 ありがとうございました。

お買い得!『特選中古品情報』 B&W 802D(ローズナット)スピーカーペア

特選中古品情報
お買い得!『特選中古品情報』B&W 802D(ローズナット)スピーカーペアのご案内です。

【仕様】●形式:3ウェイ4スピーカー、バスレフ型 ●使用ユニット:2×200mmロハセルコーン・ウーファー、1×150mmウォーブン・ケブラーコーン・FSTミッドレンジ、25mmチューブローディング・ダイヤモンドドーム・トゥイーター ●再生周波数帯域:27Hz~33kHz(-6dB) ●出力音圧レベル:90dB(2.83V/1m) ●公称インピーダンス:8Ω(最低3.5Ω) ●クロスオーバー周波数:350Hz,4kHz ●外形寸法:368W×1135H×563Dmm ●質量:80kg

802S1802S2802S3802S4802S5802S6802S7802S8802S9802S10

付属品はジャンパー線及びスコーカー部のネットを外した時のフェイズプラグと取説です。
若干のスリキズはございますが、特に目立った傷も無くキレイな商品です。

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

BDP-LX58で4K出力を試してみました。

PIONEER BDP-LX58の展示分が入荷した告知を読んでいただいたお客様が早速、

来店視聴していただいて何台かご成約いただいております。

お客様とも確認した比較でSONYのVW500ESにて接続して

1080/24P,4K24P,4Kと見比べてみました。

1080 24P hyouji

BDソフトは『オブリビオン』のチャプター2~3にかけてプレーヤーからは1080/24Pで出力し

VW500ES内部で4K相当にたたき上げた映像です。この映像を見る限りでもスッキリとして

いてノイズ感が少ないのですが、

4K24P hyouji

プレーヤー側で解像度を変更して4K/24Pで再生してみました。スケーラーはBDP-LX58内

で行われ、プロジェクターは信号を受けて映像を映し出します。

VW500ES 4K24P表示

プロジェクターのインフォ画面です。

oblivion 4k24p

さらに細かく精緻な感じです。

次に4K60Pですが、ここで注意です。HDMI入力2でないとこの信号は受けません。

HDMI1だと赤い文字で『この信号は対応していません』としかられてしまいます。

4K hyouji

ここには60Pって出ないんですよね。でもプロジェクターのインフォ画面は

VW500ES 60P表示

oblivion 4k60p

ソフトには24Pで収録されていて、フィルムのような映像はこれで味があり、これはこれで

いいのですが、テレビ放送を見るのが中心の方は24Pの映像を見るとカタカタした感じなので

かなり違和感を感じると思います。そこでプロジェクターやテレビでモーションフローなる

回路を設けてカタカタ感を低減しています。

BDP-LX58側で4K60Pで見るとモーションフローは切りでも、映像が滑らかに動き

さらに精緻な表現をしてくれるような気がします。

解像度を1080/24Pに戻すと物足りなく感じる気がします。

『気がします』と繰り返すのはそれだけ微妙に変化しているとも言えますし

ブラインドでテストされたら分かるかな?というレベルかもしれません。

いやこれは見てもらうしかありません。どう感じるかはその人次第でしょう。

VW500ESに4K60P入力して見るのは確実に『あり』だと感じます。

少なくとも来店していただいた7~8人の方に見てもらった限りだと好印象でした。

暇があればソフトをとっかえひっかえで見比べしています。

VW1100ES×BDP-LX88はもっとすごいレベルだと思うと今からワクワクです。

BDP-LX58はシアタールームで視聴可能です。 ig

 

 

 

Dolby Atmosへの道

先月のYAMAHA RX-A3040のイベントではDolby Atmosの試聴可能とあって

Webの告知のみでしたが多くの方にご参加いただきました。

event RX-A3040

その時の使用機器の構成でドルビーアトモスのフロントトップとリアトップのスピーカーは

YAMAHAの『NS-C310』でした。

お借りしている会場は取り付けるスピーカーの制限もあり、当初は突っ張りポールに金具で

固定する方法を考えていましたが、プロジェクターの光源にかぶったり、視聴位置を遮って

しまう為、元々空いている穴を利用して取り付けさせてもらいました。

event ns-c310

イベントの前はアトモスのアの字も知らない状況でしたので、なるべく小さなスピーカーしか

考えていませんでした。この状況でドルビーアトモスのイベントを開始し、音を出した所

それなりの効果がありました。

すぐに店頭への導入を考え、店舗の天井を見ながら考えました。

front top toritukemae

天井むき出しの店舗でどのようなスピーカーを選択しようか?フロントトップはこのあたり?

rear top toritukemae

リアトップはこのあたりかな?理想的な位置だとエアコンが干渉するなぁ。・・・

そんな中、YAMAHAの担当者より連絡をいただきました。彼が言うにはトップスピーカーにも

気を使って選択するとさらにドルビーアトモスの効果が発揮できるという話でした。

RX-A3040

店頭にRX-A3040を導入し、せっかくならドルビーアトモスの最大チャンネル7.1.4にしようと

計画しました。ドルビーアトモスにはスピーカーの配置パターンがいくつかあります。

Hivi10月号の記事を参考に

7.1.2

7.1.4

メインスピーカーに外部アンプを使用して7.1.4のパターンです。

ドルビーアトモスの配置を考えた場合、既存のお部屋で追加するのはなかなか大変かと

思います。しかし、新築の物件の場合は天井埋込みのスピーカーを取付けてしまえばすっきり

するので、これからの提案も考えて24cm埋込みのスピーカーを取り付けしました。

知り合いの業者に頼んで4個分のBOXを作ってもらいました。

speaker box

speaker box2

これを天井につけていきます。

フロント側

front top toritukego

リア側 ちょっとは埋込みの雰囲気分かりますかね?

rear top toritukego

11月7日公開のRX-A3040のファームウエアのアップデートを行い、ついにDolby Atomosの

視聴環境が整いました。

demodisc

ドルビーアトモスのデモディスクも用意できました。YAMAHAの担当者が言っていた事が

聞いてみて分かりました。

RX-A3040 verup go

この文字が早く見たかった。ただいま店頭でデモ出来ます。気になる方是非店頭へ足を

お運びください。  ig

 

 

 

 

PIONEER BDP-LX58入荷してまいりました。

前々からHiViなどで紹介されているPIONEERの意欲作『BDP-LX88』の弟機の
『BDP-LX58』が入荷してまいりました。

hako

BDP-LX91のような元箱!重量もこの価格にしては約10kgもあります。

zentai

早速開封!フロントのデザインはあまりかわりばえしません。

front

背面の端子も一昔前のプレーヤーと比べると少なくさびしい気もしますが・・・

rear

HDMI接続が大前提でありますが、アナログ音声出力(2ch)もあります。

デジタル音声出力の上に見慣れない『ZERO SIGNAL』端子なるものがあります。

zerosignal

本体の内部には繋がっていない端子でAVアンプの空端子に繋ぐ事で機器間のグランドレベルを合わせてより正確な信号が伝送できるというもの。

信号が出てくるわけでは無いのですが、PIONEERの担当者に聞くと『良いケーブルを使用すると音が良くなる』そうです。

押入れにしまってある同軸ケーブル又はRCAケーブルを接続して試してみてはいかがでしょう?

hikaku

早速シアタールームで視聴開始しました。未だじっくり見ていませんが、さすがに意欲溢れる

機器なのでポテンシャルは高いと直感的に判断できました。

しばらくはシアタールームで視聴可能です。気になっている方,是非足をお運びください。

兄貴のBDP-LX88はもう少しで出荷のようです。

BDP-LX88については12月にイベントを予定しています。詳細は後日発表します。 ig