Accuphase P-7300 新製品試聴会のご案内

今回はAccuphaseより年末に発売され誌面等にて非常に評価の高いステレオパワーアンプ

『P-7300』を中心にBowers&WilkinsのNew800シリーズ802D3をどのようにドライブするのか、ぜひこの機会にお試し下さい。

14:00~16:00の一度のみとなります。

ご予約優先となりますがご了承下さい。

 

CAMBRIDGE AUDIO ユニバーサル機 CXU

昨年から気になっていたCAMBRIDE AUDIOのCXUを短期間ですが

ナスペック様よりお借りする事が出来ました。外観からインプレしていきます。

前モデルのazur752BDの時にも思いましたが、オーディオ機ですよっていう造りではなく

どっちかというとスタンダードな外観でよく整理されているなという印象です。

上段がCXU下段がazur752BDです。CXUはインシュレーターが3点支持です。

背面の端子はまったく変わりません。ロゴがCambrideg AudioがCAMBRIDGEに変わっています。

続いてGUIですが、ホーム画面はazur752BDと大差ありません。

続いてセットアップ画面です。機能的な大きな差はDarbee回路が搭載されている事です。

しばらくお借りしていますので、気になる方は是非店頭へお越し下さい。 ig

 

本気でドルビーアトモスの低音域再生を考えるなら

YAMAHA HiFIフェアのCX-A5100のイベントでメーカーからNS-SW1000を左右2台並べてデモンストレーションしました。

いろんなソフトを再生しましたが、ドルビーアトモス音声で少々デフォルメ気味の低音が収録されている『トランスフォーマー AGE OF EXTINCTION』の冒頭のシーン、Dolby Atmosデモディスクに収録されているAMAZE TRAILERは

一般的なサブウーファーで鳴らそうとするとクリップしてしまいます。それだけの低音成分がドルビーアトモスには収録されているわけです。

このソフトに収録されている低音成分を鳴らしきるというNS-SW1000の話を前々からYAMAHAの担当者から聞いていたのですが、実機を聞くまではこの意味が
わからず、実際に聞いてみてやっと理解したわけです。

結局、展示導入に至りました。

店頭でCX-A5100に接続してありますが、なんという余裕のある鳴り方をするのだろう。
必要な時に十分活躍して、低音域のない所ではスッと引く感じで、メイン、センターそれぞれのスピーカーを邪魔せずに、いい女房役に徹した感じです。デザインもこれみよがし感無く、地味でオススメです。

イベントの時のように2台あるわけではありませんが、1台駆動でも十分にパフォーマンスを感じていただけると思います。

イベントの時にCX-A5100+MX-A5000+NS-SW1000を予約していただいた方もいますしNS-SW1000をご購入いただいた方もいらっしゃいます。

これこそ、聞いてからでないと購入に至らない商品かもしれませんね。

聞きたい人は是非、店頭に足をお運び下さい。 ig

 

AIM HDMIプレミアムリファレンスケーブルR2 VS レーザーケーブルLS10 Part3

なかなか時間がなくて書き込み遅くなりました。

前々から視聴機の依頼をかけていたCAMBRIDEのユニバーサル機CXUが届きました。

こちらをPRIMAREのSPA23にレーザーケーブルとR2で接続して聞き比べしました。

映像が入るとそちらに気をとられてしまうので、映像は映さずに普段聞きなれているCDで試聴しました。

評論家ではないので、巧妙に文章にする事が出来ませんが、私の耳ではレーザーケーブルの方が情報量が多く、R2より好ましく感じました。

エイムの営業担当者にこの感想を伝えると、R2の開発は映像をいかに今までより良くチューニングをした物であるという事でした。

誤解しないでいただきたいのですが、R2の音が悪いと言うわけではありません。

映像と音声が一緒に出てきた場合の感想は又違うと思います。

もしも予算があって、設備が伴うのなら映像にR2、音声にレーザーの組み合わせも良いかもしれません。

来週のJVCのイベントの終了まで、R2の貸し出し期間を延長してもらいました。

CAMBRIDE AUDIOのCXU,AIMのR2,新しい製品の組み合わせでイベントを考えています。

予約の空きはまだありますので、是非ご参加下さいね。

 

AIM HDMIプレミアムリファレンスケーブルR2 VS レーザーケーブルLS10 Part2

というわけで、少ない時間の中PIONEER BDP-LX88→SONY VPL-HW60の間に
PAVA-LS10とPAVA-FLR02MK2との比較をインプレします。

映像のみの比較なのであえてAVアンプなどは経由させません。
自分がいつも画質の比較に利用している『オブリビオン』チャプター3から

まずレーザーケーブルのLS10

雪山をバックにしている明るいシーンですが、まばゆいばかりのホワイトピークに特徴あります。

続いてR2です。

まぁこんなPC上のデジカメ撮影でははっきりわかってもらえませんでしょうけど、R2はLS10に比べて明るさという点では少々劣りますが、コントラストははっきりする方で、アップのトム・クルーズの髭も細やかです。

おなじくチャプター3の洞窟内でのシーンでまずはLS10

続けてR2です。

おっ!と思ったのは暗い中での解像度が高く、この後埃が舞い上がるシーンでは埃の一粒一粒が精緻に再現されている事、なるほど恐れ入りました。技術は進歩していますね。

お客様が帰り際に『借りなければ購入はありませんでした』の言葉に納得させられます。

今までにレーザーケーブルが自分の中で一番かと思っていましたが、良い意味で裏切られましたね。

レーザーケーブルは特性上、長尺であっても理論上画質劣化はありませんがウィークポイントがあります。

それは解像度3840×2160/60P(4:2:0 8bit)までの対応とAVアンプやテレビ等に接続して連動する仕組みのHDMI CECやARCには対応していません。
つまり4Kブルーレイの時代に突入すると信号を通してくれなくなります。
4K60P 4:4:4 24bit(18Gbps)に対応したR2はこれからの時代を見据えた、リファレンスケーブルかと思います。

PAVA-FLR10MK2の標準価格は315,000円(税別)です。ちょっと手が出にくいですかね。
短いケーブルで良さがわかってきたら長いのも良いかもしれません。
しかし、長尺になればなるほど、メタルケーブルは伝送損失が悪くなるので、レーザーケーブルの改良型が出てこないかなぁと心待ちしています。

映像での比較が出来たので今度は音の比較をしようと思います。今日はこのへんで!

 

AIM HDMIプレミアムリファレンスケーブルR2 VS レーザーケーブルLS10

昨年末、SC-LX89のイベントの時にお借りしていたAIMのPAVA-FLR02MKですが、その時の印象を書きとめておきたいと思います。

イベントの時にはPIONEER BDP-LX58 → FLR02MK2→SONY KJ-55X9200C(映像のみ) と接続していました。
それまでは、FLRの一つグレードの下のタイプのFLSで接続をしていました。

PAVA-FLS015です。標準価格44,000円(税別)

まずは見た目のイメージはケーブルが太いFLSの方がよさげに見えます。
端子の部分とケーブルを比較しました。

上がFLS下がFLRMK2です。

横にして撮影してみました。うまく撮れなくてわかりにくいですがFLRMK2の方が細くしなやかです。

FLSの接続時にはケーブルが太く、硬いので取り回しに気を使ったのと、プラグ自体が重くて自重で抜けかかる事もしばしばありましたが、そのような心配はなく楽に安心して配線できました。

PAVA-FLR02MKに取り替えてみました。

実際に出てきた映像を比較しましたが、55インチのテレビでも明確にわかるほどFLSに比べFLRMK2の方がきめ細かく、暗部と明部の差も大きく感じました。
そりゃ高い分だけの事はあるとその時は漠然と思っていました。PAVA-FLR02MK2 標準価格115,000円(税別)
当然ですよね。
FLRMK2の前にRシリーズがありました。PAVA-R02 標準価格100,000円(税別)
RやFLSが発売された時期より後にHDMIレーザーケーブルが発売されました。

プロジェクターユーザーにはケーブルの長さで信号劣化しないレーザーが有利です。

送信機側と受信機側の方向が決まっていて、逆接すると映像が信号が伝わりません。

PAVA-LS10との比較もしているのですが、レーザーケーブルの方が優位に感じていました。

大画面プロジェクターではレーザーケーブルのPAVA-LS10との比較はどうなのだろうと、ずっとチャンスを伺っていたのですが、イベントも終了したのでお借りした物を返さないといけません。
一度返却した後に、お客様がAV雑誌のうわさを聞きつけて相談を受けました。
貸し出しの要請をしたところ快く受けていただいて再びお借りしてお客様に貸し出しをしました。
当店で4Kプロジェクターをご購入いただき、既にレーザーケーブルを持っている方です。
貸し出しして3日程経過したら、注文いただきました。レーザーケーブルとの比較をお客様なりにされた感想を聞いてみると、それぞれに良さがあり違う味がするという。

返却までにあと一日あるので、じっくりインプレします。

今日はこの辺で   ig

 

2月6日(土) JVC DLA-X750R,X550R視聴イベントを開催します。

なんか最近イベントばっかりやってますが、

JVCより昨年発売した4Kプロジェクター、DLA-X750R,X550Rの視聴イベントを開催します。

前モデルX700R,X500Rより究極の進化を遂げた!と、うわさされる両モデルを一定期間お借りしてご興味のある方にお披露目をしようと企画いたしました。

2/6(土曜日)のみJVCの説明員が常駐し、講義スタイルで視聴を行います。

当日は注目のHDRコンテンツもご覧いただけます。

2/6にご都合の付かない方は本店のシアタールームに2/4~2/15の間に常設しますので、おきにいりのBDソフトをご持参いただいて、思う存分視聴してください。

2/6(土)は各回定員5名となり、予約優先とさせていただきます。

SONYのネイティブ4Kパネルの解像度志向の映像とは一味違った色再現がJVCの魅力です。

気になっている方は、是非イベントに参加して下さいね。 ig

 

お買い得!特選中古品情報 Nmode/吉田苑 X-PM2 Wraith24(1bitデジタルアンプ)

特選中古品情報
お買い得!特選中古品情報Nmode/吉田苑 X-PM2Wraith24(1bitデジタルアンプ)のご案内です。

付属品は取扱説明書・電源ケーブル・スパイク3個・元箱です。
若干の擦り傷などありますが比較的キレイな商品です。

完売御礼 ありがとうございました。

 

 

お買い得!特選中古品情報 PIONEER BDP-LX52

ミドルクラスのBDプレーヤー PIONEER BDP-LX52が中古品で入って来ました。

2009年発売当時の標準価格88,000円(税込)

動作確認済みです。
発売当時のレビューはこちらを参考にしてください。








新品だとコンポーネント映像出力やビデオ出力できるプレーヤーはもうありませんので、HDMI接続以外の使用を考えている方にもオススメです!


天井面は前ユーザーが上に機器を乗せて使用されていたと思われ、滑り止めのシートの跡があります。
パネルトップ部分に擦り傷あります。

付属品はリモコン,取扱説明書,電源ケーブルです。

完売御礼ありがとうございました。

 

cambridge audio azur752BD BDユニバーサルプレーヤー 展示処分特価

cambridge audioのユニバーサルプレーヤー azur752BDの展示処分特価のご紹介です。











天井面に一点キズがあります。もちろん付属品すべてあります。

OPPOのBDP-103をベースにしたこの商品は展示をしているSHOPが少なくてインプレの情報も少ないのは事実ですが、出てくる映像と音はかなりよく価格対満足度は良いと思います。

DVDはデフォルトの状態で海外のソフトが再生できるリージョンフリーです。

こちらの商品は販売済みです。完売御礼