7月2日() 3日()Bowers&Wilkins 800 D3シリーズフルラインナップ試聴会を開催いたします。

Bowers&Wilkins 800 D3シリーズを2日間のみですが、現在発売されています802 D3・803 D3・804 D3・805 D3の4機種を一堂に会しての試聴会を開催いたします。

(通常展示機が無い804 D3と803 D3はこの機会にぜひお試し下さい。)

800 D3

当日はD&Mより担当者様に御来店頂き、ご説明していただきます。

開催時間

7月2日()11:00~13:00/14:00~19:00

7月3日()11:00~13:00/14:00~17:00

当日は発売前のmarantz PM14S1SE/SA14S1SEのプリメインアンプとSACDプレーヤーもご試聴いただけます。

(流し込み形式にての開催ですので特に予約などは必要有りませんので、時間内ならいつでもお気軽にご来店下さい。)

お問合せは 第一無線 担当 宇井まで

電話 0532-54-5245

お問い合わせe-mail

4K UHDプレーヤー samsung UBD-K8500をお試し!シアタールームで見比べ

国内から4K UHDを再生できるプレーヤーが2機種発表がありました。

Panasonic DMP-UB900とDMP-UB90です。ソフトもこれから増えてくるとアナウンスがあり

本格的な4K HDRの世界が一般的になっていくかと思います。もう少し発表が早かったらな

と思いつつも、せっかく手に入れたUBD-K8500で早めにデモが出来るので、まぁ良しとしましょう。

シアターに持ち込んで、VPL-VW515とDLA-X550Rで比較試聴しました。

Hivi等の記事を読んでいると、HDRの評価は難しいと書かれていますが、まさにそのとおり

と感じました。まずVW515でHDRの映像を見ましたが、見慣れたSDRの映像とはだいぶ暗く

かつての3管プロジェクターのような印象を受けました。ただし、暗い中での焚き火の

シーンでは色がしっかりと乗っていて、SDRとはぜんぜん違います。人間の見たままの自然さ

を追求している、こういう表現なんだなと思いました。直視型のテレビとは違い、明るさの

ピークを低めにしているVW515は暗室にして初めて効果を感じる映像です。

次に、X550Rに繋いで試聴してみました。

JVCのホームページに記載しているキャリブレーションソフトを使用しない場合の画質設定で

試聴しました。

DLA-X550R.info

VW515と対極で、全体的に明るくHDRの特徴を良く捉えています。

DLA-X550R.1

数人の方にデモした所で、それぞれいろんな意見や感想をお聞きしました。

大体の方がおっしゃるには見慣れたSDRも良いが、HDRの表現の方が人間の

見た目に近い印象をお持ちのようです。

見方や感じ方は人それぞれで、評論家のようにうまく言葉で説明が出来ないので、

遊びがてらご来店下さい。

 

 

4K UHDプレーヤー samsung UBD-K8500をお試し!4K BRAVIAに繋いでみた。

UBD-K8500.5前回のブログで時間が無くてかなり中途半端で終わってしまいました。

付属品はちっちゃなリモコンと、電源ケーブルです。

UBD-K8500.6

セットアップを一通り終えて(もちろん英語表示)GUI画面です。

UBD-K8500.GUI

電源は100Vでもとりあえず問題なく動作しています。トランスはあったほうが良いと思いますが・・・

いろんな機能があるようですが、それより4K UHDのソフトを再生してみたくてうずうずしています。

早速用意したディスクを再生してみます。『DEADPOOL』です。

UBD-K8500.7

4K UHDとブルーレイがそれぞれ1枚ずつ入っています。

UBD-K8500.9

4K UHDディスクをトレイに乗せて、再生してみました。接続したテレビはKJ-55X9350Dです。

再生に至るまでのレスポンスの速さにびっくりしました。何故なら

前にPanasonicのDMR-UBZ1をハンドリングした事がありますが、4K UHDはブルーレイに

比べると読み込みが遅いのだと思い込んでいたのです。その後、CD,DVD(リージョン1)

ブルーレイと再生テストしましたが、どのディスクもストレスを感じることは無く再生しました。

やっぱり再生専用機はこうでなくっちゃと思いました。

次に試したのは、4K HDRとFULL HD SDRの表現の差です。解像度の差はなんとなく

今までの経験上でうなずける感じでしたが、HDRは今までに経験した事が無い表現でした。

色域が広くて、暗いシーンでも色が薄くならず、光が差し込むようなシーンですとSDRでは

表現できない部分と痛感しました。

今度はシアタールームに持ち込んで4K HDRとSDRの差など見てみたいと思います。ig

 

 

 

ESOTERIC SACDソフト 新譜のご案内

ESOTERICより2タイトルが本日6月10日(金)発売となりました。

『6クイーンズ・オブ・ジャズ・ボーカル』 ESSO-90143/8

エラ・フィッツジェラルド/ペギー・リー/アニタ・オデイ/ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン/カーメン・マクレエ/モニカ・ゼタールンド・ウィズ・ビル・エバンス6Queen

『マーラー:交響曲第2番《復活》・第4番』クラウディオ・アバド指揮/シカゴ交響楽団、合唱団/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ESSG-90141/2

ABADO Mahler

大変人気のありますESOTERICのSACDソフトです。数に限りが有りますのでお早めにどうぞ。

お問合せはお電話(0532-54-5245)又は下記E-mailにてよろしくお願いいたします。

お問い合わせe-mail

4K UHDプレーヤー samsung UBD-K8500をお試し!

又、人柱になります。国内の再生専用4KUHDプレーヤーは未だ発売情報が見えず、

かといって高級なレコーダーに搭載されているPanasonic DMR-UBZ1を展示導入を

見合わせていたところ、社長におねだりして海外からsamsungのUBD-K8500を展示導入しました。

UBD-K8500.1

今日、届いたばかりです。

UBD-K8500.2

薄くて湾曲したデザインです。

UBD-K8500.3

UBD-K8500.4

まずは、外見だけで失礼します。続編でインプレしますね。ig

 

6月25日()RoonReady実装プレーヤー SFORZATO DSP-03試聴会開催のご案内

6月25日()14:00~SFORZATO(スフォルツァート)の国産初のRoonReadyプレーヤーDSP-03及びPCM-03(クロックジェネレーター)を使用した試聴会を開催いたします。

イベント1 イベント2 イベント3 イベント4

確定では有りませんが、海外のTIDAL等ストリーミングサービスなどにも接続しNASなどを含めたシームレスな再生環境をお試し頂く予定です。

もちろん当日は、前回の試聴会でも判りやすいと評判の㈱SFORZATO代表の小俣さんにご来店頂き、ご解説いただきます。

また、SFORZATOの試聴室で音決めした、豊橋の『突撃おたま苦楽部』の初プロデュースCDのお宝マスター音源の再生などもお楽しみいただけます。

以上内容盛りだくさんでお送りいたします。

ご予約お問合せは第一無線 担当宇井まで

電話 0532-54-5245

お問い合わせe-mail

また、翌日26日(日)は穂の国とよはし芸術劇場PLATにて

CDリリース記念ライブが開催されます。

626

チケットのお問合せは: たつおクリニック ℡0532-46-4970まで