azur752BD 映像比較 意外な伏兵現る。

よくご来店されるお客様に『早く書いてよ』と叱られてしまいました。

なかなか書く時間が取れなくて遅くなってしまいました。すいません。

まずはそれぞれのホーム画面を比べてみましょう。

完全な暗室状態で110インチのスクリーンでデジカメで撮影してみました。

まずはcambridge audio のazur752BDです。

こちらがOPPO BDP105です。2段目を注目してください。NETFLIXVUDUといった日本では行っていないサービスのアイコンがいっぱい並んでいます。

azur752BDの方は日本に特化したのか、おなじみのYou TubePicasaのアイコンしかありません。

今現在ではこのなじみの2つがあれば問題ないと思います。BDP105はアメリカでの使用を前提としているので当たり前ですが・・。

出荷が待ち遠しいBDP105JPでは変わってくるでしょうか?

いずれもDVDのリージョンはフリーです。なつかしのDVD 『the fifth element』SUPER BIT盤で視聴比較しました。

まずはOPPO BDP105の画像です。

続いてazur752BDです。

こんなデジカメの写真の比較じゃわかんないですよね。いずれも同条件です。

HDMIケーブルはSONYのDLC-HJ30HFをmarantzのAV8801を経由して各プレーヤーの映像設定はすべてデフォルト、スケーラーはAUTOでVPL-VW1000ESに映しています。

兄弟のような間柄なのでよく似た感じかと思っていましたが、全然違います。

BDP105は非常に落ち着いたシネマトーンですが、azur752BDの方が色鮮やかで明るさもあるように感じます。白が白らしく伸びています。

このソフトDVDの黎明期によくイベントで使用していました。

サラウンド効果のよく分かるシーンで聞き比べしましたが、2chのCDで聞き比べた時と同じ印象です。

空間表現がうまいといいましょうか?

ソフトを変えてBDソフトの『アバター』で比較してみました。

森の中を探索するシーンで確信しました。森が広く感じるんですよ。

4Kアップスケーリング可能な3台の比較もしてみました。以前ブログで紹介した『Samsara』からです。

まずはSONY BDZ-EX3000のショットから

続いてOPPO BDP105

azur752BDです。

もう1シーン EX3000,BDP105,azur752bdの順です。

真面目に1枚ずつ同じアングルで撮影しましたが、わかりませんよねぇ。

4Kの映像は近づいてみて感じるものなので、来店して見比べていただくほかありません。

また、音の感じ方は人それぞれに違うものです。azur752BD。

この意外な伏兵が現れたおかげで店頭導入を即 決めました。

4K体験も兼ねてGW中に是非きてくださいね。あっ、でも4/30日は棚卸し、5/1日は定休日ですので気をつけてください。

※今回視聴したOPPO BDP105はJPモデルではありません。

仕様が異なるので入荷しましたら、またインプレしたいと思います。

ig