お買い得!『展示処分特価品』情報 JVC 4K HDR ビデオプロジェクターDLA-V7 のご案内です。

展示処分特価品情報
『展示処分特価品』JVC DLA-V7 4K HDR ビデオプロジェクターのご紹介です。
商品の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。



現在、電動昇降機の中に設置しています。

現在のランプ使用時間は130時間です。
視聴の為にランプ使用時間延びる可能性あります。
特に目立った傷も無く概ね良好です。
付属品は元箱を含め一式ございます。
メーカーの保証期間はご購入より1年間となっております。
メーカー希望小売価格1,100,000円(税込)

こちらの商品は販売済みです。完売御礼!

 

LINE始めました。
友だち追加

Victor DLA-V90R、V70R お披露目 11月6日(土)・7日(日)視聴商談会のお知らせ

コロナ禍でしばらく自粛をしていましたが、注目のVictorブランド レーザー光源8K-eshitモデルのDLA-V90RとDLA-V70Rの視聴イベントを開催します。

発売が11月を予定していますが、半導体不足で直ぐに潤沢に出荷できる訳ではないそうです。
今回は展示導入前にV90RとV70Rをいち早く皆さんに見ていただこうと企画しました。
合わせて、DLA-V7との比較も可能です。
DLA-V5はラインナップ残しますがDLA-V7は生産完了の為、展示処分価格もこの場で発表します。

11/6はメーカーセールススタッフをお招きし、各回定員4名で予約が必要です。
11/7はメーカーセールススタッフはいません。
フリー視聴ですが、予約をお願いします。

イベント参加希望 e-mail igawa@daiichimusen.co.jp

又はお電話 0532-54-5245 担当 井川までお願いします。

【期間限定】6月5日(土)から13日(日)までJVC DLA-X590R、DLA-V5、DLA-V7比較試聴出来ます。成約記念品あります。

コロナ禍で在宅期間が増えて、家の中でエンタメを楽しく人たちが増えています。

AmazonプライムビデオやHulu、NETFLIX等の加入者が急激に増えているそうです。

コンサートが開けないアーティストさんたちも無観客で配信しているU-NEXTも人気だそうです。

最近のテレビはインターネットに接続して動画を楽しむ仕組みが組み込まれていて、お家で気軽にエンタメを楽しめるようになりました。

テレビでは体験できない質の良い100インチオーバーの世界で楽しんでみませんか?

この期間スペックの違う3機種を比較できるように設置します。

DLA-X590RとDLA-V7は常設していますが、今回はDLA-V5をメーカーより期間限定でお借りして、そのスペックの差をご覧いただけます。

4K e-shift5搭載HDR対応モデル ネイティブコントラスト40,000:1のDLA-X590R

ネイティブ4K『D-ILA』デバイス採用のエントリーモデル ネイティブコントラスト40,000:1 / 1,800ルーメンの明るさのDLA-V5

DLA-V5より更なるネイティブコントラスト80,000:1 / 1,900ルーメンを誇るDLA-V7です。

イベントと呼べるようなたいそうなものではありませんが、FULL HDのプロジェクターユーザー様、テレビでは物足りなさを感じる方、ぜひともご来店いただき4K HDR映像の世界を覗いてみませんか?

日時、時間割の指定はしません。

土日は説明できるように担当井川がなるべく店頭にいるようにし、定休日を除く平日も何時頃来るとか事前にご連絡いただければ合わせるように致します。

お手持ちのソフトをご持参いただいても結構です。

JVCプロジェクターワールドをぜひ、ご体感ください。

尚、期間中のご成約の方には記念品を贈呈いたします。

担当 井川

JVC DLA-V5のデモ機お店にあります!6/22迄

只今、店頭展示はDLA-V7ですが、6月22日までDLA-V5をメーカー様よりお借りしています。

カタログ値だけではわからないV5とV7の違いを比較できるチャンスです。

又、当店にある他メーカー製品との比較も出来ます。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策の為、人が集まるイベントが出来ません。

とはいえ、見てみないとわからない分野の商品ですので、密にならないように予約にて視聴出来るようにお借りました。

基本的にはひとグループ2名迄、ドアは開けた状態でスタッフはマスク着用、数分の間

暗室状態で比較、説明を含め一工程で30分以内といった感じで行います。

只今、時短営業の為PM6:30迄となります。

希望の方は予めお電話にてご連絡ください。

 

0532-54-5245 担当 井川まで

ヤフオクに出品中です!JVCの D-ILA プロジェクター DLA-HD950(BLACK)

表題のとおり、ヤフオクに出品中です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/452688354

HDシリーズの最上位モデルでした。10年前の機種ですが、使用頻度少なく状態は良いです。

まさにOldies But Goodeiesに当てはまる製品だと思います。

4Kや3Dには対応していませんが、FULL HDのブルーレイを見るのであれば十分です。

ヤフオクの説明文にも掲載しましたが、4Kチューナー内蔵レコーダー(SONY BDZ-FBT2000)→marantz SR8012→本機で昨年の紅白歌合戦を4Kで録画した映像もFULLHDにダウンコンバートしてきれいに再生出来ています。

これからホームシアターをはじめてみようという方やさらに古い機種を

お使いの方は狙って下さい。1円スタートです。

ヤフオクに出品中です!JVCの D-ILA プロジェクター DLA-X3(BLACK)

表題のとおり、ヤフオクに出品中です。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m388309039

10年前の機種ですが、専用ルームで使用されていて状態は良いです。

これからホームシアターをはじめてみようという方やさらに古い機種を

お使いの方は狙って下さい。1円スタートです。

お買い得!『特選限定品』情報 JVC DLA-X590R(4K HDR対応プロジェクター)

リビングシアターでも本格的なシアタールームでもおススメできる

JVC DLA-X590Rが限定でお買い得です。

 

プロジェクターを選ぶ時に基準となる項目は人それぞれかと思います。

『価格』『デザインや大きさ』『機能』『静音性』『画質』等があげられると思います。

JVCのラインアップで『画質』を考えるとネイティブの4Kパネルを搭載し更なるHDR映像の追及をした『Frame Adapt HDR』を搭載したDLA-V5,V7,V9R

です。

一番下のモデルのV5で実売価格で65万越えです。

これはなかなか手が出しにくい価格帯です。

手を出しやすい価格帯で4K HDR対応モデルのLX-UH1(実売価24万円程)がDLP方式でコンパクトですが、静音性や色表現でどうしても劣ってしまいます。

一方、先日発売されたLX-NZ3は長寿命のレーザー光源を搭載して明るさも3000lmと魅力的なモデルも実売価格398,000円です。

どちらかというとリビングで大画面を手軽に、しかもランプ交換は考えずにお手軽なリビングシアター向きです。

DLA-X590Rは4K e-shift,デバイスはD-ILAならではの高コントラストを実現していて明るさも1800lm、静音性も良くリビングシアターでも本格的な専用室でも満足度が高いモデルだと思います。

半年ぐらい前の事ですが、中古のDLA-X550Rをご視聴いただいたお客様に比較でLX-UH1を見ていただきました。

すぐにその差をご理解いただけたようで中古のDLA-X550Rをお買い上げいただきました。

DLA-X590RはVシリーズが出たせいか、古い機種と思われているかもしれませんが現行のモデルです。

ただ、メーカー在庫は僅少です。

期間限定で特別価格枠をいただけました。

販売価格398,000円(税込)←さらに特典あり

こちらの商品のお問い合わせはe-mail igawa@daiichimusen.co.jp

までお願いします。

 

11/30のイベントに追加情報!レーザー光源搭載のNewcomer「LX-NZ3」お披露目です!

DLA-V7イベントを11/30(土)に計画していますが、12月発売のLX-NZ3のデモ機をメーカーのご厚意でお借りできることになりました。

12月1日(日)までお借りできますので、気になっている方は是非ご来店ください。

土曜日のイベントはLX-NZ3とDLA-V7の比較視聴からスタートし、オートトーンマッピングのおさらい、『Frame Adapt HDR』の機能説明、FIBBRのケーブルに取り替えての視聴、ご希望があった場合はV7,V9Rの比較視聴の順に進めて参ります。

翌日の日曜日はフリー視聴で、数人集まったらご希望内容で比較視聴出来るように体をあけておきます。

皆さんのイベント参加お待ちしています。ig

 

JVC DLA-V7×FIBBR HDMIケーブル 視聴イベント 11月30日(土)

更なるコントラストを追求した、ファームウェアアップデートで追加された『Frame Adapt HDR』の効果を中心とした視聴と気になるアイテムとのコラボイベントです。

プロジェクターを設置するにあたっていやおうなしに長尺になるHDMIケーブル10m以上でも安心して使えるアイテムが少なく、高額でした。

今回イベントで使用するFIBBR(フィバー)のHDMIケーブルは光ファイバーを使用し、比較的安価な値付けです。

一番のエントリーモデルのUltra Proは10mで標準価格32,000円(税別) ARC対応のKing-Aは42,000円(税別)と今までのオーディオブランドメタルケーブルより安いです。

クオリティはどうなのか、一番ハイグレードのPure 2をナスペック様よりお借りして、検証してみたいと思います。

コラボのきっかけはつい先日の事、当方のお客様がどんな物かと問合せいただいたので、ナスペック様に相談したところ『たまたまデモ用が出払っているので、新品を送りますから気に入ったらお買い上げください。』と快く貸し出しをしてもらえました。

SONY VPL-VW855ユーザーでDP-UB9000,UDP-LX800を所有し、複数の高額なHDMIケーブルを所有している目の肥えている方が翌々日にはお買い上げになりました。

お客様曰く「映像は素晴らしく最近の中では一番買って良かった商品だ」と興奮気味でした。

という事で今からV7との組み合わせが楽しみです。

DLA-V9Rは常設していますので、比較視聴も可能です。

イベントの予約受付中です。ig

 

ヤフオクに出品します!FULL HDの名機 JVC DLA-HD950(D-ILAホームシアタープロジェクター)

かつての名機 JVC DLA-HD950をヤフオクに出品します。

特に目立つような傷はありません。

2010年に発売された本機は発売当時750,000円(税別)と高額でしたが、ライバル機を

凌駕する画質で何台か販売経験を持っています。

レンズをはさみ左右対称なデザインではありませんが、同じ価格帯では驚異的な

コンパクトさがありました。

HDMI入力2系統、RGB入力、コンポーネント、S映像、映像入力端子装備

リアビューです。D-ILAと刻印された場所は交換ランプカバーで、天井吊りにする場合

は上下を逆さまにすることによって正規なリアビューを演出できるように心がけられています。

ランプカバーは元々ありません。電源投入時に電動で開いて、電源を切ると閉じます。

店頭のUDP-LX800→SR8012→DLA-HD950とHDMIケーブルで接続してテスト中の

状況です。JVCのデモ用4K UHDディスクを再生しています。

特に問題なく動作しています。動作環境になく映像及びS映像、コンポーネント、

RGB入力の確認は出来ていません。HDMI1,2共に良好です。

ご質問をよく受けますが、画素の輝点や色むらは感じません。

JVCのお家芸は画質調整項目の多さと、メーカーの用意した画質モードです。

今は割愛されているステージがあります。WOWOW録画のライブ映像にはこれが

結構役に立ちました。

現在のランプ時間は554時間です。4Kの信号を入れるとダウンコンバートされて

表示されます。

付属品は当時のカタログ、元箱を含め、一式あります。

リモコンは当時採用されていたネクステル塗装で、加水分解が進み

手に持つとねちゃねちゃした感触があったため、エタノールで除去してあります。

かつての名機も技術が進み、対応できない機能が増えましたが、

FULL HDのブルーレイの2Dを楽しむ上においては十分活用できると思います。

最新のFULL HD機と比べてしまうと明るさに見劣りしますが、ほぼ暗室にできる

環境があれば結構楽しめると思います。

発売より8年以上経過しているので格安にて出品致します。

先程1円スタートで出品しました。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h415202263

気になっている方、ぜひオークションに参加してください。