『特選中古品』情報 お買い得!4K HDRビデオプロジェクター SONY VPL-VW515

特選中古品情報
SONY VPL-VW515(4Kビデオプロジェクター)のご紹介です。

当方お客様からの買い替えによる下取り品です。
詳しくはこちらをご覧ください。

HDMI入力は2系統あります。

シアタールームに持ち込み動作チェックしました。主にHDCP2.2に対応しているHDMI入力2で確認しました。

NHK BS4K放送 美の壺『麗しの音色 レコード』の録画映像です。

現在のランプ使用時間は2155時間です。十分な輝度があります。

こちらの記事によると光出力1800ルーメン推定ランプ寿命が6000時間なので、まだまだ十分に活用できます。

ソフトウェアのバージョンはメーカーホームページで確認出来る限り、最新の2.301です。

APPLE TV 4KでYouTubeの全白画面で色ずれを確認しました。

プリセットですと許容範囲ですが多少のずれがありました。

少し気になったので調整で追い込んでみました。

ちなみに上の映像は調整済み下はプリセットです。

APPLE TV4KでHDRを確認しました。

本機種はBS4K放送のHLGに対応していない為SDR変換されてしまいます。

下は現在放送中の『ウルトラセブン リマスター版』でHLG(ハイブリッド・ログ・ガンマ)で録画したディスクをPanasonicのDP-UB9000で再生した映像です。

UB9000にはHLGを強制的にPQ変換してHDRで見られる機能があるのですが、SDRで出力してしまいました。

そりゃそうですよね。HLGが元々対応していなければダメなんですよね。

4KブルーレイのHDRには対応しますのでご安心ください。

付属品は、クイックリファレンスマニュアル、電源ケーブル、リモコンです。

写真にはありませんがレンズキャップ、取扱説明書(CD-ROM)もあります。

テストは床置きで行いましたが、天井吊り設置をしていました。

目立つような傷は無く比較的きれいです。

写真で確認しづらい細かい傷はあります。

見ずに買うのは勇気のいる事ですから、出来ればご来店いただきご納得の上でご購入検討いただければと思います。

4Kビデオプロジェクター最新機種VPL-VW775との比較視聴も可能です。

2015年発売当時 標準価格900,000円(税別)でした。

販売価格はお問い合わせください。

こちらの商品の視聴希望、お問い合わせ e-mail igawa@daiichimusen.co.jp

お電話0532-54-5245 担当 井川までお願いします。

 

ヤフオクに出品中!SONY VPL-VW1000ES VerUPモデル+オマケ

当方お客様からの下取り品です。

2012年に新品でお買い上げいただいたワンオーナー品です。

発売当時には対応していなかったHDMIバージョン2.0に有償アップグレードした品です。

早速シアタールームへ持ち込んでテストしました。外観共に状態は良いと思います。

HDMI入力1で3Dの信号を受けて付属の3Dグラスで動作を確認しました。

現在のランプ使用時間は1838時間ですが十分に輝度を感じられます。

HDMI入力2で4K放送を録画したレコーダーで昨年の紅白歌合戦の映像を確認しました。

HDRは信号を受けませんのでSDR変換した映像は確認出来ました。

下の写真はPIONEER UDP-LX800のインフォメーション画像です。

つまり、HDRにこだわらなければ4K映像も十分にお楽しみいただけるわけです。

レンズの性能が良く、リアリティークリエーションと相まってFULL HDのブルーレイも美しくご覧いただけます。

付属品も一式あります。おそらく購入時から欠品はないと思います。

電源ケーブル(未使用)3Dグラス(1つは未使用)取扱説明書、CD-ROM、3Dグラス充電用ケーブル、充電器、保証書、印刷物。

予備に購入いただいていた未使用の交換ランプもお付けします。

元箱もあります。

オークションページはこちらです。

『新製品入荷情報』SONY VPL-VW775(4Kビデオプロジェクター)展示機入荷のご案内

ロングランモデルであったSONY VPL-VW745の後継機種VPL-VW775が本日入荷しました。

シアタールームへ運び込み、天吊り設置しました。

VPL-VW745と外観はほぼ変わりませんが、HDRコンテンツに対して適切な明部と暗部を表現できる高画質回路『ダイナミックHDRエンハンサー』が搭載されました。

設置したばかりで十分に見比べられていませんが、ぱっと見は従来機より良くなっていると思います。

ご覧になりたい方は是非ご来店ください。  ig

 

お買い得!『展示処分特価品』SONY 4K HDR対応プロジェクター VPL-VW555

展示処分特価品情報
お買い得!『展示処分特価品』 SONY VPL-VW555(4K HDR対応プロジェクター)のご案内です。
詳しくはこちらを参考にしてください。

常設しているわけではなく、店舗にVW745と比較できるように店舗に展示しています。ランプ使用時間は極わずかです。

思い切った価格で、展示処分致します。店頭にて状態をご確認いただければと思います。

こちらの商品は販売済みです。完売御礼!

 

お買い得!『展示処分特価品』SONY 4K レーザー光源プロジェクター VPL-VW745

展示処分特価品情報
お買い得!『展示処分特価品』 SONY VPL-VW745(4K HDR対応レーザー光源プロジェクター)のご案内です。
詳しくはこちらを参考にしてください。

当方のシアタールームにてデモで展示している商品です。

思い切った価格で、展示処分致します。
店頭にて状態をご確認いただければと思います。
現在のランプ使用時間は2803時間です。
しばらくデモをしますのでこの時間より増えていきます。

こちらの商品は販売済みです。完売御礼!

 

お買い得!『特選中古品』情報 SONY TA-A1ES(プリメインアンプ)のご案内です。

特選中古品情報
お買い得!『特選中古品』SONY TA-A1ES(プリメインアンプ)のご案内です。
商品の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。








線状のキズやスリキズ、使用感などございます。
付属品はリモコンと電源ケーブルです。
発売時メーカー希望小売価格 210,000円(税別)

完売御礼 ありがとうございました。

 

太っ腹です。SONYさん!! VPL-VW745アップデートで更なる高画質に!

消費税増税前の駆け込み需要も冷めやらぬ時にVPL-VW745のアップデートのアナウンスがありました。

メーカーの前情報でアップデートがあるのは知っていましたが11月頃かと思っていたのでこんなに早いのはちょっとびっくりです。

いち早くお買い上げいただいたお客様から連絡がありましたので店頭のVW745をアップデートしてみました。

こちらが手順です。

メーカーのサポートページよりUSBメモリーへ解凍したファイルを本体に読み込ませるやり方です。

この通りにやってみましたが、SONYの誤記なのかLEDインジケーターは白色で点滅ではなくオレンジ色で点滅します。

アップデートは15分かかると書いてありますが、5分ぐらいで電源インジケーターが赤点灯(スタンバイの状態)になりましたのでこれで終了かとUSBメモリーを抜いて電源を入れたら、オレンジ色の点滅の後に緑色の点滅が始まりました。

通常これで数秒で立ち上がるのですが、しばらく待っても一向に立ち上がる様子が無かったので、焦ってしまいました。(*_*;

一度コンセントを抜いて5分ほど待ったあと、再度電源を投入したら全く同じ状況だったので今度は気長に待つことにしました。

そしたら緑色のランプが早く点滅してしばらくしたら、無事立ち上がってくれました。この間約10分ぐらいでした。

無償でアップデートできるとはいえ高額の商品なので、メーカーの説明表記はちゃんとして欲しいものです。

白点滅しなかったから壊れてしまったと思う人は絶対にいるはずです。

VW5000での説明だったのかも知れませんが善処するようにメーカーに伝えたいと思います。というか、メーカーの人、これ見て気づいたら訂正して下さい。

小言はこのあたりにして、アップデートした後の感想はこれまで、高精細に映し出してくれるのかと『スゴイ』の一言です。

高精細な映像がさらに高精細になります。

バージョンは8.101になりました。

リアリティークリエーションの項目にDFオプティマイザが加わります。

入り切りすると効果がよくわかります。

4K UHDディスクはもちろんの事FULL HDのブルーレイでもこの効果は感じられます。

当店でお買い上げいただいたお客様にこのブログでご報告いたします。

是非やるべきです。きっと何枚もあるライブラリーを見返したくなりますよ!

JVCもDLA-V9R,V7,V5のアップデートの計画があって更なるコントラストを目指す案内を受けました。

このようにアップデートで持っている機種がさらに良くなるのはうれしい限りです。

これからVPL-VW745をご検討のお客様はデモンストレーションが出来ますので是非ご来店ください。ig

 

お買い得!『特選中古品』情報 SONY SXRD ビデオプロジェクター VPL-HW60(BLACK) 2019年8月入荷!

フルHDでありますが4Kに迫る映像美を楽しめる高品位モデル『VPL-HW60(B)』が中古で入って来ました。

まだカタログに掲載されている現行のモデルです。

新品でのソニーストア販売価格は249,880円(税別)です。商品の詳細はこちらをご覧ください。

目立つような傷はありません。

HDMI入力2系統

当店シアタールームで、テスト映像です。

特に問題なく良好に動作します。

現在のランプ使用時間は903時間です。

見た感じ明るさに問題なくしばらくこのままでご覧いただけると思います。

視聴希望の方に見ていただく為、上記より時間は増えると思います。

付属品はリモコン、電源ケーブル、クイックリファレンスマニュアル、説明書(CD-ROM)

元箱もあります。

4Kまで必要ないなという方、ホームシアター入門機としてもおススメです。

店頭にてご視聴の上、ご購入を検討していただくスタイルですが遠方の方には通販にも対応させていただきます。

店頭にある4Kのデモ機との比較視聴も可能です。

こちらの商品は販売済みです。完売御礼!

 

お買い得!『特選中古品』情報 SONY 4K ビデオプロジェクター VPL-VW500ES 2019年3月入荷!

SONYのネイティブパネル4Kプロジェクター VPL-VW500ESのご紹介です。

当方お客様より下取りの品です。

反射で映り込んでしまいましたが、傷などなく良好な外観です。

シアタールームで動作チェックしましたが、特に問題なく動作しています。

Panasonic DP-UB9000からダイナミックレンジ変換の映像です。

HDRには対応していませんが、FULL HDからの4Kアップコンバートの映像は優秀です。

ソフトウエアのバージョンは1.100です。現在のランプ時間は3295時間です。

十分な輝度があり、まだランプ交換しなくても使用可能だと思います。

ランプ時間については視聴希望の方にお見せするので時間は少々伸びると思います。

取扱説明書(コピー)、リモコン、電源ケーブルが付属します。

元箱もございます。

こちらの商品は販売済みです。完売御礼!