『展示処分特価品』情報!SONY 4Kプロジェクター VPL-VW1100ES

当店のシアタールームに鎮座していました、SONYの4KプロジェクターVPL-VW1100ESのメーカー生産完了の案内に伴い、展示処分致します。


電動の床上げ昇降機の中にあって、視聴希望の時やPIONEERのBDP-LX88他、各イベントの時に動作させていました。

今やハイエンドのプロジェクターの世界では『4K HDR』がどこまで再現できるか?が主となりつつありますが、世の中の大半以上が『4K HDR』ではありません。

自分の本当に見たいものが4Kブルーレイで続々と販売されるのか?

今までのブルーレイを上質な4Kアップコンバートで如何に再現できるか?

が、本当に購入にいたるときのポイントになると思います。

HDRは置いておいて『SDR』においてはこのモデルが最高峰だと思います。

特にレンズフォーカスが秀逸です。

JVCの『DLA-X770R』やSONYの『VPL-VW535』との比較も可能です。

実際にご覧になってどのように判断なさるかは『アナタ』次第です。

是非、ご自身の目でお確かめ下さい。

標準価格1,700,000円(税別)→こちらの商品は販売済みです。

完売御礼!

 

PIONEER BDP-LX88 × SC-LX88視聴イベント

先日のブログでお伝えしましたように当店シアタールームにて

注目のブルーレイユニバーサルプレーヤー BDP-LX88のイベントを開催します。

当店常設のSONY 4Kプロジェクター VPL-VW1100ESにてその巧みな映像表現と同社のフラグシップAVアンプを使用したこだわりの音のコンビネーションを体験してください。

各回90分の説明を加えたデモンストレーションを行います。

会場は定員5名で予約優先とさせていただきます。

皆様のイベント参加お待ちしています。

 

4Kプレーヤーシアタールームに設置しました。

SONYから4Kプレーヤーをお借りして店頭の4Kテレビでデモンストレーション中です。

4K60Pの美しい画像が4K BRAVIAでご確認いただけます。

この美しい画像をプロジェクターでも見てみたいなという衝動に駆られてしまいました。

そうこうしているうちにもう一台プロジェクター用にお借りすることが出来ました。

背面に4系統のHDMI端子があります。ひとつはオーディオ用にAVアンプに接続するとしてあと3台繋げることになります。

と、いう事は4K60Pに対応したプロジェクターの同時出力もできるんじゃ?と考えたので

SONY VPL-VW1100ES,VPL-VW500ES,JVC DLA-X700Rの比較をして見ました。

つなぎ方のせいか?信号のやり取りのせいか?3台同時の比較は無理でしたが、2台までなら大丈夫です。

ただし時々不安定になる場合があり、原因は良くわかりません。

ただ、安定していればずっと2台までなら比較は出来ます。

映像がダブって見えていますが、2台のプロジェクターで同時出力しています。

片方のレンズを隠して瞬時に切り替えることが出来るのでプロジェクターの力量も一目瞭然です。

お借りしている4Kのプレーヤーは販売しているものではありません。

個人レベルでを4K映像を楽しむにはブルーレイプレーヤーでアップスケーリングして見る事になります。

まだまだ未知なる4Kを取り巻く環境が整うのに時間がかかると思いますが、その時期になった時に信号入力できるのに越したことありません。

VPL-VW1000ESをお持ちの方は、この映像を見てバージョンアップを検討してみてはいかがでしょうか?

                               ig

 

VPL-VW500ES入荷!

消費税が上がる前に・・・・

なんて方が結構いると思います。

1月下旬ぐらいから徐々にオーディオ等の高額商品は予約が入ってます。

高額商品などは3%の差は結構大きいですから・・・

で、このVW500ESもそのうちのアイテムでしょう。

2月から予約を入れていた分が、どかっと入荷してまいりました。

実売分もありますし、見込みのお客様の分もありますが、今なら間に合うかも?です。

ちょっと余裕を持たせてありますから引き当てがうまく良くかもしれません。

それから去年から注文していたVPL-VW1100ESも到着しています。

500ESとの比較も可能です。 ig

 

明日のイベント 設置完了しましたぁ~

明日はいよいよSONY注目商品のダブルイベントです。

SONYスタッフの方々の協力により無事設置が終りました。

プロジェクターが2台用意されています。

上がVPL-VW1000ES 今回のイベントの為にバージョンアップが施されていてVPL-VW1100ES相当?になっています。VW1000ESユーザーも一見の価値ありですよ!

下段はVPL-VW500ESです。

横から見るとVW500ESは奥行きがかなり短くなっています。

今回の送り出し機器はBDZ-EX3000から直接プロジェクター 

音声はEX3000のピュアダイレクトで直接TA-DA5800ESに接続されています。

用意したスクリーンはオーエスのピュアマット3で150インチというビッグサイズな為、センタースピーカーを使用せずにファントムモードで6.1ch構成で行います。

さぁ明日が楽しみです。どんな映像が見られるでしょうか?

こちらはハイレゾオーディオの設置状況です。

ハイレゾオーディオでどのような音を楽しませてくれるか?専任の方もいらっしゃるので是非ともお気軽にご参加下さい。

明日のイベント待ってまぁーす。   ig