新築 Dolby Atmos シアター!

Dolby Atmosの新築物件工事が無事終わりました。

お客様との打ち合わせで、何度かお話しするにつれボンヤリしていたホームシアターの形がはっきりしてきました。

『大画面でドルビーアトモスやってみたい!』のリクエストでインストールしました。

2Fの角部屋で専用ルームです。工務店の方とも打ち合わせして、映画にのめり込めるようなお部屋に仕上がりました。

施工前のスクリーン側 フロントトップスピーカーの穴とスクリーンBOX

こちらがプロジェクター側です。

リアトップとサラウンドの穴が開いています。打ち合わせの時に大工さんに開けてもらいました。

今回チョイスしたAVアンプはYAMAHA RX-A3040です。

内蔵パワーアンプが9chあってプリアウトするとドルビーアトモスの最大チャンネル11.2chが実現します。

今回は内蔵の9chを使い、5.1.4のパターンです。

既に手持ちで液晶テレビとプレステ3とブルーレイレコーダーをお持ちだというので、お部屋の図面から出来上がりのイラストを作成しました。

実際の出来上がりがこんな感じです。

最終打ち合わせの時に後ろのクローゼットへのアクセスがどうにも気になっていたので、ラックを2段3列から2段2列に変更しました。

スクリーンが上がっていれば、ほとんど邪魔にならずに行き来出来ます。

ラック内です。

元々アイテムも少ないのでちょうど収まりました。

天井面は暗いグレイでしたのでBOSEのDS16FBを選択しました。

照明を落とすと本当に真っ暗なのでスピーカーの存在を感じさせません。

プロジェクターはSONYのVPL-HW55ESです。

照明を落とすと・・・

最後にドルビーアトモスのデモディスクを再生、チェックしようと思った所、いくら設定を見返してもドルビーアトモスの表示も、アトモススピーカーのレイアウトのGUIも出てこない。

ちょっとあせったのですが、この機種はアップデートによりドルビーアトモス対応となるのです。

発売からだいぶ経つので出荷の時にアトモス対応にアップデートされていると高をくくっていました。

工事の前日にもう床についていたのですが、何となく虫の知らせを感じたので、夜な夜な家族の寝静まっている中、パソコン立ち上げてUSBメモリーにアップデートファイルを入れて持参していたので助かった訳ですが、現場にネット環境が無いと本当に困ります。

後日、説明に伺った時にお世話になった工務店の方々がいらしたので、デモディスクを再生して一緒に聞いてもらいました。施主の方のお知り合いのようです。

最初は『こんなにスピーカーをつける意味があるのか?』と否定的でしたが、『今度家を建てる機会があったら導入してみたい』と考えが変わったようです。

お客様は導入してよかったとおっしゃっていただき、『今度はブルーレイの専用機が欲しい』と大変前向きでうれしそうな笑顔が印象的でした。   ig

 

Dolby Atmosへの道

先月のYAMAHA RX-A3040のイベントではDolby Atmosの試聴可能とあってWebの告知のみでしたが多くの方にご参加いただきました。

その時の使用機器の構成でドルビーアトモスのフロントトップとリアトップのスピーカーはYAMAHAの『NS-C310』でした。

お借りしている会場は取り付けるスピーカーの制限もあり、当初は突っ張りポールに金具で固定する方法を考えていましたが、プロジェクターの光源にかぶったり、視聴位置を遮ってしまう為、元々空いている穴を利用して取り付けさせてもらいました。

イベントの前はアトモスのアの字も知らない状況でしたので、なるべく小さなスピーカーしか考えていませんでした。

この状況でドルビーアトモスのイベントを開始し、音を出した所それなりの効果がありました。

すぐに店頭への導入を考え、店舗の天井を見ながら考えました。

天井むき出しの店舗でどのようなスピーカーを選択しようか?フロントトップはこのあたり?

リアトップはこのあたりかな?理想的な位置だとエアコンが干渉するなぁ。・・・

そんな中、YAMAHAの担当者より連絡をいただきました。彼が言うにはトップスピーカーにも気を使って選択するとさらにドルビーアトモスの効果が発揮できるという話でした。

店頭にRX-A3040を導入し、せっかくならドルビーアトモスの最大チャンネル7.1.4にしようと計画しました。

ドルビーアトモスにはスピーカーの配置パターンがいくつかあります。

Hivi10月号の記事を参考に

メインスピーカーに外部アンプを使用して7.1.4のパターンです。

ドルビーアトモスの配置を考えた場合、既存のお部屋で追加するのはなかなか大変かと思います。

しかし、新築の物件の場合は天井埋込みのスピーカーを取付けてしまえばすっきりするので、これからの提案も考えて24cm埋込みのスピーカーを取り付けしました。

知り合いの業者に頼んで4個分のBOXを作ってもらいました。

これを天井につけていきます。

フロント側

リア側 ちょっとは埋込みの雰囲気分かりますかね?

11月7日公開のRX-A3040のファームウエアのアップデートを行い、ついにDolby Atomosの視聴環境が整いました。

ドルビーアトモスのデモディスクも用意できました。YAMAHAの担当者が言っていた事が聞いてみて分かりました。

この文字が早く見たかった。ただいま店頭でデモ出来ます。気になる方是非店頭へ足をお運びください。  ig

 

最新立体音響DOLBY ATMOS体験視聴会 10月4日(土曜日)

少し涼しくなって来て、見聞きするのも楽しい季節になってきました。

秋は新製品のラッシュです。それに伴いイベントも多く企画して参ります。

この秋の目玉はDOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)搭載のAVアンプでしょう。

各社から続々と発表されています。

ドルビーアトモスって何かって言うと今までのドルビーデジタルやドルビーTruHDの延長線上にある新規格で、最大11.2ch合計13本のスピーカーから立体的な音を出します。

会場を借りてYAMAHAのRX-A3040を中心にいち早く体験をしていただこうかと思います。

使用予定機器

AVアンプ YAMAHA RX-A3040 メインスピーカー NS-F901 センタースピーカー NS-C901

サラウンドスピーカー,サラウンドバック NS-F700 サブウーファー NS-SW700×2台

ドルビーアトモスエフェクト用 NS-B310×4本

ブルーレイプレーヤー OPPO BDP-105DJP プロジェクター JVC DLA-X700R

スクリーン オーエス PA-H120 WF301(ピュアマットⅢ)

場所:サウンドスタッフ スタジオZERO 定員 約15名

日時:10月4日(土)  14:00~16:00

ご予約受付中です。

ig